宅建独学勉強法

独学宅建の税その他対策

税法対策


税金については毎年2問、地方税から1問、国税から1問出題されます。参考書をしっかり読むだけである程度どんなものかはわかると思います。あとは、細かい特例(税金が安くなる制度)をドンドン覚えていきましょう!ただ、所得税については、特例が非常に多く、独学だと苦しめられると思います。そのため、「適用要件」と「併用できるかどうか?」の2点に絞って、覚えましょう!一度や二度復習しただけでは頭に入ってこないので、5回6回と何度も過去問を解きながら覚えていきましょう!深い理解は必要ありません!注意が必要なのは、法改正です。税制については毎年変更があるので、宅建試験に関連する税金について改正があるかどうかを7月ごろ確認しましょう!

地価公示法と不動産鑑定評価基準


地価公示法と不動産鑑定評価基準は毎年、いずれか一方が1問出題されます。非常に似た分野なので、続けて勉強することをお勧めします!地価公示法については地価を決めるための手続き(流れ)をしっかり押さえ、不動産鑑定評価基準については、不動産の評価額を決める方法(鑑定評価の方法)などを一つ一つ覚えていきましょう!
地価公示は比較的覚えやすいですが、不動産鑑定評価基準は内容が非常に難しいので、過去問で出題された部分を覚えるだけで良いでしょう!深い理解を追及すると、頭が混乱してくるので深堀厳禁の科目です!

その他(5点免除科目)対策


その他とは、住宅金融支援機構1点、不当景品類及び不当表示防止法1点、統計1点、土地に関する知識1点、建物に関する知識1点です。試験対策としては、深く理解せずに、過去問を丸暗記することをお勧めします!過去問を何度も復習して頭に詰め込みましょう!独学の対策としては、これが一番良い方法です!

では、実際に勉強を始めていきましょう!
独学でもできる効率的な勉強法については、まだ見ていないようでしたら、見ておきましょう!何度か見て、効率的な勉強ができているかの確認にもなるでしょう!

>>独学で宅建合格するための勉強法

  • 権利関係対策
  • 宅建業法対策
  • 法令上の制限対策

    • 宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
      これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
税・その他
« Prev | HOME | Next »