ラインで宅建の勉強

▼心裡留保


まず、心裡留保の意味を解説します。

心理留保とは簡単にいうと、「冗談」をいうことです。
  
例えば、物の売買でいうと、冗談で「物を売ります」ということです。
この場合、原則として、表示とおり、契約が有効となります。

つまり、あげるつもりもないのに、「私の使わない土地あげるよ」
と言ってしまった場合、本当にあげないといけません。

えっ! 有効なの?
と思われるかもしれませんが、きちんと、例外があります。
そして、ほとんどの場合、例外に当たり、無効となるんです!

では、例外とはどういった場合か?

  1. 真意ではないことを相手方が知っていた悪意場合
    もしくは

  2. 知ることができた有過失場合

この2つです。

この場合は効力は発生せず、無効となります。

原則有効
例外相手方が「悪意」もしくは「有過失」の場合、無効

つまり、「私が持っている使っていない土地をあげるよ」
と相手に言ったとしても、相手が普通に考えたらそんなこと、「冗談でしょ!」と知ることができたら、
有過失に該当し、無効だということです。
この時、相手方が、冗談で言っていることを知っていなくても(善意でも)無効であるということです。

上記の1もしくは2に該当すれば無効なので、善意有過失でも無効だということです。
この点は注意してください!



善意の第三者に対して


心裡留保により契約が無効になったとしても、
冗談を言った人(表意者)は、善意(冗談であることを知らない)の第三者に対しては、無効を主張することは出来ません

つまり、Aさんが冗談で、Bさんに土地をあげて、その後、Bさんがその土地をCさんにあげたとき、
Cさんが「Aさんが冗談でBさんにあげたこと」を知らない(善意の)場合は、Cさんを保護して、その土地はCさんにいく
ということです。

これは、「冗談をいった本人(Aさん)」と「何も知らない第三者(Cさん)」
どちらを保護すべきかを比較すれば、「何も知らない第三者」を保護するべき
という考え方に基づいています。



虚偽表示との違い


心裡留保単独で本人のみ嘘をつくこと
であるのに対し、
虚偽表示相手方を巻き込んで嘘をつくことです。



⇒ 心裡留保、虚偽表示、錯誤、詐欺、強迫 の詳細 はこちらから

特に重要な点は

★ 強迫と錯誤の場合のみ善意の第三者に対して対抗することができる

★ 錯誤の場合、表意者に重大な過失がある場合は無効主張できなくなる 


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
意思表示