ラインで宅建の勉強

独学宅建の法令上の制限対策

法令上の制限は毎年8問出題され、都市計画法が2問、建築基準法が2問、農地法が1問、土地区画整理法が1問、国土利用計画法や宅地造成等規制法などから2問出題されます。多いように思えますが、出題範囲は限られていて、過去問10~15年分をしっかり頭に入れておけば6点以上取れます。過去問で出題された部分に絞って頭に入れていきましょう!ただ、実際勉強を始めると、何を言っているのかイメージがしにくいのが法令上の制限の特徴です。そのため、ネットで調べながらイメージをしていきましょう!都市計画法については下記サイトでイメージすると良いでしょう

>>みんなで進めるまちづくりの話(都市計画法)

建築基準法や宅地造成等規制法については、都度ネット調べると建設業者のホームページなどが出てくると思うので、それを都度確認しながら理解していくと良いでしょう!
農地法や土地区画整理法についても基本的にはネットで調べながら理解を深めましょう!
独学で、過去問15年分をしっかり理解して実力をつけたい方は下記、宅建独学合格プログラムがおススメです!
3年連続70%超えの合格率を出した解説をまとめたものです!

>>宅建独学合格プログラムの詳細はこちら

最後に、税その他の科目の対策をお伝えいたします!

>>独学宅建の税その他対策

  • 権利関係対策
  • 宅建業法対策
  • 法令上の制限対策

    • 宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
      これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等