宅建独学勉強法

独学宅建の宅建業法対策

宅建業法の内容


宅建業法は、宅建試験の中でも出題数がもっとも多い科目で、例年、50問中20問出題されます。出題範囲も狭いため、一番の得点源になる部分なので、しっかり押さえたいところです。

対比学習


宅建業法は覚える部分が非常に多くなるのですが、覚え方の一つの方法として、「対比」があります。借地借家法でもお伝えした方法と同じです。例えば「宅建業者と取引士」「営業保証金と保証協会」「専任媒介と一般http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=509媒介」といった対比できる部分が非常に多いです。これらは表や図にして覚えていくようにしましょう・

理解学習の必要


上記対比をしていく中で単に丸暗記というのでは、忘れやすくなります。そのため、なぜ違うのか?を理解しながら学習することも重要です。
例えば、「一般媒介」と「専任媒介」では、契約期間のルールが異なります。(そもそも媒介とは「不動産仲介」と思ってください。)売主は不動産を売る際に、買主を自分の力で見つけるのは難しいですよね!?そのため、売主は不動産仲介会社と媒介契約を締結します。簡単に言えば、「買主を探してもらって、きちんと買主と売買契約できたら報酬をあげますよ!」という契約です。そして、「一般媒介」とは、複数の不動産仲介会社に買主探しを依頼できます。そのため、一つの仲介会社が怠けて買主を探さなかったとしても、また、悪徳業者だったとしても、売主は別の仲介会社に買主探しを依頼すればいい話です。そのため、契約期間は何ヵ月でも何年もよいとなっています。一方、「専任媒介」の場合は、1社の仲介会社としか契約できないため、もし、この仲介会社が怠けて買主を探さなかったり、悪徳業者だったら、売主としては、早く別の仲介会社に変えたいですよね。そのため、有効期間(契約期間)は最長で3か月と決まっています。つまり、仲介会社選びに失敗したとしても、3か月我慢をすれば、別の仲介会社に買主探しを頼めるということです。このように理解をすることで、忘れにくくなります。実際、個別指導でもこのやり方を取り入れて勉強をしているので、是非、独学で勉強する際も、ネットなどで調べながら理解を深めていきましょう!

ヒッカケ問題対策


宅建業法の試験問題の大きな特徴というと、ヒッカケ問題が多い点です。出題範囲が狭いため、ヒッカケ問題を作らないと受験者全員が簡単に解けてしまいます。それを防ぐためにヒッカケ問題が多くなっています。このヒッカケ問題に対応するためには、やはり、より一層問題文をしっかり読む必要があるでしょう。上記民法対策でもお伝えした、区切って問題文を読むというのも一つの対策となります。それ以外でも個別指導では、重要なノウハウをお伝えしているので、知りたい方は個別指導をご検討ください!実際、個別指導では、過去3年間合格率70%超えの実績を出しています。これも、しっかり試験対策を実践していることが一番の要因です。しっかり対策ができれば宅建は誰でも合格できる試験なので、しっかり対策を行っていきましょう!

次は、法令上の制限の対策を見ていきましょう!

>>独学宅建の法令制限対策

  • 権利関係対策
  • 法令上の制限対策
  • 税その他対策

    • 宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
      これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等