ラインで宅建の勉強

宅建が就職で有利な資格ランキングで1位!

yahooの「就職・転職に活かそう!需要のある資格ランキング」で堂々宅建が1位!
不動産業界では必須の資格といわれており、就職・転職の強い味方となります。
会社によっては、昇給の条件にもなっているとか!?
試験形式も、4つの選択肢から1つの正解肢を選ぶ「四肢択一」形式で50問と、受験しやすい試験となっています。また、学歴等の受験資格がないため、どなたでも受験することができ、実際に2009本試験では、最高齢82歳、最年少15歳の方が合格されています。

宅建が就職に強い!


不動産会社を営む場合、従業員5人につき専任の取引主任者を1人置かなければないという法律あるので、非常にニーズの大きい資格です。
しかも宅建のすごいところは、他の資格とは違い、宅建資格を持っていれば実務経験を問わずに採用の時に優遇されるところです。

幅広い合格者


平成23年度のデータで、合格者の職業別では、不動産業27.7%、建設関係10.7%、金融関係9.4%、他業種4.9%、学生9.5%、主婦4.7%、その他13.2%という内訳になっており、幅広いのが職業の方が宅建を取得しております。



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等