ラインで宅建の勉強

▼事務所・案内所に備えるべきもの

事務所とは
1.本店(主たる事務所)
2.支店(従たる事務所)
3.宅建業務を継続的に行うことができる施設を有する場所で、宅建業に係る契約締結
権限を有する使用人を置いているところ

事務所に置かなければいけないもの
  • 標識の掲示
  • 報酬額の掲示
  • 帳簿
  • 従業員名簿
  • 成年者である専任の取引士


事務所以外の場所で重要なのが、案内所・展示場です。
案内所とは、現地案内所のことで、自社物件ではなく、他社物件の代理・媒介を行う場合の場所です。

案内所・展示場に置かなければいけないもの
  • 標識の掲示
  • 成年者である専任の取引士
    (契約もしくは申し込みを受ける場合1名以上)



⇒ 【宅地建物取引業 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等