ラインで宅建の勉強

▼無権代理人に対する責任追及権

本人A――無権代理人B――相手方C

例えば、Aの土地を、何も関係ないB(無権代理人)がAの代理人だと偽って、Cに対してAの土地を売り渡す契約をしたとします。
CはBに代金を支払った後、Bが無権代理であることに気づきました。
この場合、
相手方CがBが無権代理であることについて善意無過失の時は、無権代理人Bに対して責任を追及することができます。
責任追及の方法は履行の請求損害賠償請求のどちらかです。
つまり、Bに対して、Aの土地を何とかして私Cに引渡してください!と主張できますし、
支払ったお金とそれに対する損害分の支払ってください!と損害賠償請求できます。
ただし、無権代理人が制限行為能力者の場合は責任追及(履行の請求および損害賠償請求)はできません

この分野は、試験でもでもよく出ます。
さらに、表見代理と組み合わせた問題もでますので、よく勉強してください!


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等