ラインで宅建の勉強

▼先取特権(工事費用、保存)と不動産質権の優劣

登記した権利が複数あるときは、原則、早く登記した方が優先します。
しかし、不動産の保存に関する費用不動産工事に関する費用の先取特権については、先に登記した抵当権があっても、優先して行使できます。
つまり、不動産の保存と工事の先取特権は特別扱いされているということです。

ちなみに、
不動産の保存に関する費用とは毀損を防ぐために行った修理費用などを指します。
不動産の工事費用については、工事の開始前に費用の予算額を登記しないと効力を生じないので注意が必要!


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等