ラインで宅建の勉強

▼相隣関係 (枝・根、50cm、1m)

相隣関係とは
隣接する土地所有者同士が、お互いに不動産の利用を調整する関係のこと
を言います。

境界線近くの建築制限および目隠し


1.建物を築造するする場合、境界から50cm以上離して築造させなければならない
2.境界から1m未満の距離に他人の宅地を見通すことができる窓や縁側を作る場合、「目隠し」をすること

枝・根の切り取り
「枝」自ら切ることはできません。枝を切除する請求はできます
「根」は隣地所有者の承諾なく自ら切ることができます

隣地の使用権


境界において障壁を修繕するために必要であれば、必要な範囲内で隣地の使用を請求することができる。
隣家が拒否しても裁判所に請求の申立てをすることができます
つまり、何らかの方法で、必要の範囲内で他人地を使用できることとなります。
ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできません。
裁判所の許可を得るまで待ちましょう!


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等