ラインで宅建の勉強

▼強迫と第三者の関係



強迫と第三者との関係を考えると
2パターンあります。

1.第三者に強迫されて契約した場合


第三者強迫
第三者CがAを強迫して、AB間の契約を結ばせた。
この場合、Bを保護するのか?強迫されたAを保護するのかが問題となる。
結論は
強迫の事実についてBが知っていても(善意)知らなくても(悪意)Aは契約を取消すことができます
この点、詐欺の場合は、Bが善意の場合でないと取消すことができないので注意してください。

つまり、相手方より、強迫を受けたものを保護します。

2.強迫により契約した後、物が第三者に渡ってしまった場合


強迫後第三者に売却
この場合も、強迫を受けたものを保護します。
強迫の事実についてBが知っていても(善意)知らなくても(悪意)Aは契約を取消すことができ、
さらに、第三者に所有権が移っても、取消しを理由に、所有権をAに戻してもらえます。
つまり、
強迫を受けたものは、当事者の相手方にも第三者に対してもも取消しにより対抗できる。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等