ラインで宅建の勉強

合格できない3パターンとは・・・

・勉強しているのに、過去問をやると20点台しかとれない・・・
・何を勉強すれば、合格できるかわからない

このような方は意外と多いです。
合格するために重要なポイントは何なのか?

「試験に出る可能性が高い問題」 を 「頭に定着させる」

これだけです!

私が見ている中で、合格できない方は
以下の3パターンが多いです。

不合格パターン1
試験に出る可能性の低い問題を解いているため、
過去問や模試を解いても、合格点を得点できず、諦めてしまう。


不合格パターン2
勉強はしているものの、頭に定着していないため
試験中に、最後の2択で迷ってしまい、結果間違ってしまう。


不合格パターン3
当初は勉強しようと決断したが、勉強が続かず
試験が近づき、もう今から勉強しても合格できないとあきらめてします。


もし、あなたが、パターン1、パターン2に当てはまっているようでしたら、
是非、最重要問題集を活用してみてください!

試験に出る可能の高い問題を集約しており、問題を解くだけで頭に定着していきます!
そして、“いつの間にか”合格レベルの実力が付いています♪

⇒ 最重要問題集の詳細はこちらから


世界的に有名な経営学者ドラッカーはこのように言っています。

ドラッカー2

この言葉は単に経営についてだけ言っているのではありません。
何かを成し遂げる全ての事について当てはまります。
もちろん、宅建合格することにも当てはまります。

ドラッカーの言葉を宅建学習にあてはめると

“宅建をとろう!”という目標を立てて満足していないか?
何を勉強すれば合格できるのかを考え、
定期的に実力が伸びたか確認し続けなければ、合格はできない

ということです。

何を勉強すれば合格できるのか?
「試験に出る可能性が高い問題」 を 「頭に定着させる」
ことができれば合格できます。

ポイントは2つ!
1.「試験に出る可能性が高い問題」を勉強する
2.「頭に定着させる」ために、“計画”“復習”をし続ける

ただ、
“言うは易く行なうは難し”

人は自分の習慣を変えることが苦手です。だから、やるべきことが分かっていても、
勉強の仕方を変えられず合格できないのです。

習慣を変えるためには、
自分自身を管理するための仕組みが必要です。

そして、合格するために、着実に実力の底上げを図っていく学習管理システムが
宅建サクセスラーニング
です。

宅建サクセスラーニングは
経営管理を円滑に行うPDSサイクル(PDCAサイクル)に基づいて、
効率的かつ継続的に学習にするための講座です。

>>>「宅建サクセスラーニング」の詳細はこちら

●計画が立てられない方
●計画を立てても、すぐに計画通りにいかなくなる方
●しっかりしたサポートが必要な方
に是非、ご活用していただきたいです。





宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等