ラインで宅建の勉強

▼取得時効

取得時効とは
長い間、他人の物を自分の物のつもりで利用していると自分の物になってしまう制度です。

具体的には以下の3つの要件を満たすと時効が成立して、自分のものになります。

■取得時効の成立要件


取得時効の成立要件
※以下の3つの要件すべて満たさなければならない
占有開始時善意無過失だったときは、占有期間は10年間
占有開始時善意無過失以外だったときは,占有期間は20年間
という期間が必要!
所有の意思をもっていること⇒賃貸で借りているのはダメ!
平然かつ公然でなければならない : “正々堂々と”という意味

取得時効が完成すると、占有開始時に他人の物を取得したこととなります
取得時効が完成したときから自分の物になるわけではありません!



時効取得できるものとして覚えるべきものは、
・土地賃借権
地役権
・隣地の土地の一部です。

地役権については
共有者の1人が時効で地役権を取得すると、他の共有者もやはり地役権を取得します。
これは、要役地または承役地の共有者の1人は、
自己の持分について地役権を消滅させることはできないという
地役権の不可分性によるものです。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等