ラインで宅建の勉強

通謀虚偽表示(虚偽表示)とは?



通謀虚偽表示とは、単に虚偽表示とも言います。
簡単にいうと、相手とグルになって、ウソの契約をすることです。

宅建に出そうな具体例でいうと

A:お金を借りた人(土地を持っている)
B:Aの友人
C:Aにお金を貸した人

AはCに借りたものの、現金がなく、返さないでいました。
Cとしては、現金で返せないのであれば、
土地を売って返してほしいと思い、強制的に売ってもらおうと考えました。
これを恐れたAは、Bに対して
「Cに土地を売られそうだから、Bにこの土地を売ったことにして
Bさんの名義に変えてもらえないかな?」
といい、
AとBがグルになって、土地を売るというウソの契約をしました。

これが虚偽表示です。

⇒ 虚偽表示の無料テキストはこちらから

⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等