ラインで宅建の勉強

平成23年(2011年) 問37 解答・解説 宅建試験

宅地建物取引業者A社が、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結する建築工事完了後の建物の売買契約に関する次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。

1 当該契約の締結に際し、BがA社に手付金を支払い、さらに中間金を支払った場合、Bは、A社が契約の履行に着手しないときであっても、支払った手付金を放棄して契約の解除をすることができない


(解答・解説)
誤り
宅地建物取引業者が、自ら売主として売買契約の締結に際して手付を受領したときは、その手付がいかなる性質のものであっても、解約手付として扱われます。つまり、「相手方」が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄して、契約の解除をすることができます。


2 当該契約の締結に際し、A社がBから代金の額の10分の2の手付金を受領する場合には、当該手付金を受領するまでに、宅地建物取引業法第41条の2の規定に基づく保全措置を講じなければならない

(解答・解説)
正しい
自ら売主として、売買契約する場合、代金の額の10分の2を「超える」額の手付を受領することができません。つまり、代金の額の10分の2ぴったりの手付金は認められます。また、手付金の額が代金の額の10分の1又は1,000万円を超えるときは、手付金等の保全措置が必要となります


3 当該契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、違約金を定める場合、これらを合算した額について代金の額の10分の1とする旨の特約を定めることができる

(解答・解説)
正しい
自ら売主としての売買契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定めるときは、これらを合算した額が代金の額は最大で10分の2です。


4 当該契約において、Bが瑕疵担保責任に基づく請求をすることができる期間として、Bが瑕疵を発見した時から2年間とする旨の特約を定めることができる

(解答・解説)
正しい
自ら売主としての売買契約において、瑕疵担保責任の期間は買主は瑕疵を発見した時から1年間より買主に不利な特約は無効。

↓↓ 8種規制の無料テキスト ↓↓
クーリングオフ
損害賠償額の予定等の制限
手付額等の制限
自己の所有に属さない宅地建物の売買契約締結の制限
手付金などの保全措置
割賦販売特約の解除等の制限
所有権留保などの禁止
瑕疵担保責任の特約制限
住宅瑕疵担保履行法による資力確保措置

……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  平成23年度 宅建本試験 解答・解説 

     ⇒ ⇒ ⇒  なぜ宅建に合格できないのか? 

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………


宅建 過去問 平成23年 2011年 問37 過去問集 宅地建物取引主任者試験
宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等