ラインで宅建の勉強

平成23年(2011年) 問32 解答・解説 宅建試験

宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に授受される金銭の額については説明しなければならないが、当該金銭の授受の目的については説明する必要はない。


(解答・解説)
誤り
建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に授受される金銭の額及び当該金銭の授受の目的を説明しなければなりません。例えば、賃借するために、“鍵交換代がかかるにも関わらず、重要事項説明書に書いていない”場合は違反となります。


2 昭和60年10月1日に新築の工事に着手し、完成した建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が指定確認検査機関による耐震診断を受けたものであっても、その内容は説明する必要はない。

(解答・解説)
正しい
原則、売買の媒介の対象である建物について耐震診断を受けたものであるときは、その内容を説明しなければなりません。ただし、昭和56年6月1日以降に新築の工事に着手したものについては全て新耐震基準の審査が通っているため、説明する必要はありません


3 建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が宅地造成等規制法の規定により指定された造成宅地防災区域内にあるときは、その旨を説明しなければならないが、当該建物の貸借の媒介を行う場合においては、説明する必要はない。

(解答・解説)
誤り
物件が造成宅地防災区域の内なのか外なのか、また、土砂災害警戒区域の内なのか外なのかは、売買だけでなく賃貸借の場合も説明する必要があります


4 自ら売主となって建物の売買契約を締結する場合、買主が宅地建物
取引業者でないときは、当該建物の引渡時期を説明する必要がある


(解答・解説)
誤り
建物の引渡し時期は、契約書(37条書面)の記載事項であるが、重要事項の説明の対象とはなっていません


……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  平成23年度 宅建本試験 解答・解説 

     ⇒ ⇒ ⇒  なぜ宅建に合格できないのか? 

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………


宅建 過去問 平成23年 2011年 問32 過去問集 宅地建物取引主任者試験
宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等