ラインで宅建の勉強

▼専有部分の面積【水平投射面積、内法面積)

区分所有建物の占有面積は、2つの面積の計算方法があります。

内法面積壁芯面積があります。
水平投射面積、壁芯面積、内法面積、謄本などの公的書類で使用。パンフレットで使用

上図のように、壁芯面積は内法面積より大きくなります。
マンションのパンプレットには水平投射面積で計算された壁芯面積を使用するのが一般的です。
一方、不動産登記法や区分所有法は内法面積を用います。

各共有者の共用持分は、その方が有する専有部分の床面積(内法面積)の割合により、この床面積は、水平投影面積によります。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等