ラインで宅建の勉強

▼連帯保証人

連帯保証人を理解するためにはまず、保証人とはどういう人なのかを理解しなければ
次に進んでもわからなくなるので、まず、保証人を説明します。

理解している方は、下の「連帯保証人」
保証人とは、
簡単にいえば、主たる債務者がお金を返済しない場合に、
借りた人に代わって、そのお金を返済することを約束した人です。

つまり、保証は主たる債務がなければ存在しません

したがって、主たる債務が何らかの理由で成立しなかった場合は保証債務も成立しなかったことになりますし、
主たる債務が消滅したときには、保証債務も消滅します。

ちなみに、民法によれば、
「主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす責任を負う者」
と規定されています。

そして、保証人には、以下にあげる3つの権利が与えられています。

1.催告の抗弁権
2.検索の抗弁権
3.分別の利益

これについては、後で詳しく説明いたします。

重要なのは、連帯保証人はこの3つの権利がないということです。


連帯保証人


連帯保証人とは、「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」がない保証人と理解していいでしょう。

催告の抗弁権


債権者は、主たる債務者でも連帯保証人でも好きなほうに請求することができます。
保証人はあくまでも保証している人物ですから、主たる債務者が返済できなくなった場合など、
主たる債務者の後に請求されるのが筋であると思うのが通常ですが、
連帯保証人は、主たる債務者に先に請求するように要求する権利がありません
これが催告の抗弁権がない状態です。

検索の抗弁権


主たる債務者に返済する資力(=財産など)があるにもかかわらず、
連帯保証人から先に請求されたとしても、連帯保証人は、主たる債務者には弁済する資力があるから、
主たる債務者の財産につき執行をなすまで自己の保証債務の履行を拒もうとしても、拒むことが出来ません
これが検索の抗弁権がない状態です。

分別の利益


通常、保証人が複数名いるときは頭数で按分した金額しか保証しないのが当然ですが、
連帯保証人は一人ひとりが主たる債務の全額を保証しなければなりません

たとえば、主たる債務者が1000万円を借りて、保証人が4人いた場合

分別の利益「あり」 ・・・ 保証人1人当たり250万円まで保証する
分別の利益「なし」 ・・・ 4人の保証人はそれぞれ1000万円まで保証する

連帯保証人がどれほど重い責任を負わされているのか、少しは理解できたのではないでしょうか?
つまり、連帯保証人は借りた本人である主たる債務者と同列になるということです。

ただし、頭数で按分した金額よりも多く弁済した場合は、他の連帯保証人に対して、求償できます。
これを求償権といいます。

連帯保証人に生じた事由の効力


連帯保証人が「履行した」「履行の請求された」「更改した」「相殺した」「混同した」場合、
主たる債務者にも影響を及ぼします。この効力を絶対効といいます。

これについては連帯債務の部分で説明した内容と同じなので、そちらをご覧ください。

ここで、重要なのは、承認は絶対効に含まれていません。
つまり、連帯保証人が債務の承認をしても、主債務の時効には何の影響も与えません

しかし、連帯保証には附従性があるので、

逆に主たる債務者が債務を承認した場合には、
連帯保証人にも時効中断の効果が及びます


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
保証人