ラインで宅建の勉強

▼借地権

借地権とは
建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権をいいます。
⇒地上権と土地賃借権の違い

つまり、建物を所有するために土地を貸してもらい、利用できる権利と考えてください。

ほとんどの借地権は、賃貸借契約に基づく債権です。

賃借権は貸主と借主との契約により生じる債権です。

債権とは人に何かを要求できるのことです。
つまり、借主は貸主には要求することができますが、
第三者には何も要求できません。
つまり、第三者には対抗することはできないのが民法の原則です。

しかし、建物の所有を目的とする土地の賃貸借には借地借家法等が適用され、
建物の所有する以外の目的の場合と比べ、手厚く保護されるようになります。

具体的には、
借地人(借地権者:土地を借りる者)は、その土地上に登記済みの建物を所有していれば、
第三者に対して借地権を対抗することができます。

つまり、債権ではありますが、物権的な要素も含んでいるということです。

ちなみに、物権とは、権利自体が目的物(物)に付着しているので、
当事者であろうが、第三者であろうが、その権利を持った人は第三者関係なく、
対抗力をもつことになります。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
借地借家法