ラインで宅建の勉強

▼通行地役権と囲繞地通行権の違い

通行地役権と囲繞地通行権の違いについて一番下にまとめた表がありますが、
考え方を解説していきます。

通行地役権囲繞地通行権
成立要件当事者の合意(契約)契約不要
(袋地は当然に成立)
通行場所地役権を設定した場所
隣地外可能
道路に至るまでの損害の少ないルート
隣地に限る
分割で生じた袋地の場合、
他の分割者の土地に限る
存続期間当事者の合意で永久も可能袋地に付着した権利なので
期間の制限はない
対価及び償金当事者の合意で対価を決定
無償でも有効
通行地の損害に対して償金を支払う

分割・一部譲渡でできた袋地の場合は
償金支払を要しない
対抗要件所有権移転登記
地役権の移転登記は不要
所有権移転登記がなくても主張でき
借家人も主張できる

成立要件


通行地役権とは契約によって成立します。
つまり、
「自分の敷地からは道路に出れないから、
あなたの土地の一部分を通行のために使わしてくれますか?」
「いいですよ!」
これで成立します。

それに対して、囲繞地通行権契約を要しないで当然に成立します。
つまり、
自分の敷地から道路に出られない土地に囲繞地通行権当然付着していることです。

この原則は最も重要な内容なので理解してください。

対価および償金


地役通行権は合意により成立することから「対価」という言葉が使われ、
囲繞地通行権は当然に成立することから、通行される側の承諾が不要なため、
「償金」という言葉が使われます。

言葉が違いことを覚えてください。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
物権