ラインで宅建の勉強

▼仮登記

仮登記とは登記申請に必要な情報がすぐに提供できない場合などに、
順位を確保(順位の早い方が優先されます)するために行う登記のことで、
仮登記のままでは対抗力がないが、本登記にした時、上記順位で登記されたこととなります。

つまり、A所有の建物についてAがBに売却し、Bが仮登記
その後、AがCに売却し、Cが本登記
そして、Bが仮登記から本登記にすると、Bが対抗力を有し、
Cの登記が職権で抹消されます。

仮登記を本登記にするには利害関係人を有する第三者の承諾が必要です。
つまり、Cの承諾が必要なのですが、Cには承諾に応じる義務はありません

もし、Cが承諾しない場合、BはCに対抗できる裁判の謄本を添付して申請すれば、
登記官の職権で抹消されるので、結局Bは対抗できないです。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
不動産登記法