ラインで宅建の勉強

▼単純承認と単純承認、相続放棄

相続放棄


被相続人(父など)が死亡すると、相続が発生するのですが、必ず相続しなければならないのかというと
そうではありません。

万一、被相続人が莫大な借金を抱えていたら、相続人に酷です。

そのため、家庭裁判所に申立て、プラスの財産もマイナスの財産も引き継がないという
相続放棄をすることができます。
単に、「何もいらない」と言って、遺産を受取らないことがありますが、
家庭裁判所への申述がなければ、相続放棄ではありませんので注意してください。

相続承認


また、相続する場合にも、相続の仕方が2つあります。

限定承認 というのは、プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐという方法です。
単純承認 というのは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐものです。

ここで、相続人が複数いる場合に限定承認をする場合は、全員が限定承認しなければならない
ことを覚えておこう。

相続承認・相続放棄の熟慮期間


また、相続の承認・放棄の熟慮期間は相続開始を知った時から3ヶ月です。
この期間内に決めなかった場合は単純承認と見なされます。

そして、一度、承認もしくは放棄をすれば3ヶ月の熟慮期間内であっても、
取消すことはできません
ただし、詐欺・強迫を受けた場合、家庭裁判所に申述して取消すことができます


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
相続