ラインで宅建の勉強

▼不真正連帯債務

不真正連帯債務とは、連帯債務者間の効力については弁済以外生じず、
各連帯債務者は債権者に対して単独で債務を負うことです。

つまり、弁済は絶対効であるが、それ以外のものは相対効です。

連帯債務不真正連帯債務
弁済絶対効絶対効
相殺絶対効相対効
請求相対効絶対効
時効絶対効相対効
免除絶対効相対効
混同絶対効相対効

判例で不真正連帯債務と判断されたもの


  1. 法人の不法行為責任における法人の賠償義務理事その他の代表者の賠償義務
  2. 使用者責任における使用者の賠償義務被用者の賠償義務
  3. 複数の共同不法行為者が負担する賠償



⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
債権と債務