ラインで宅建の勉強

▼建物買取請求権

建物買取請求とは、建物を壊すことによる社会経済上の損失を防ぐため
に定められた制度です。

借地権の存続期間が満了しても、契約が更新されない場合、借地権者は
借地権設定者(地主)に対して、建物の時価で買い取ってもらうよう
請求できます


判例では、借地権者の債務不履行により契約解除された場合は買取請求
できない
としています。

これは、少し考えられば導ける見解で、建物所有者である借地権者が
悪いことをして、借地契約を解除されているのに、「建物を買え」と
いうのは、わがままな話である。

そして、この建物買取請求権は転借地権者も直接地主に対して主張する
ことができます


注意が必要なのは
事業用定期借地権では建物買取請求ができませんので
覚えておいてください。



⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
借地借家法