宅建独学勉強法

⇒ 宅建業法 過去問のポイントと確認問題


総則免許取引士
営業保証金と保証協会契約関係8種規制
報酬監督・罰則


総則


  1. ▼農家でも宅建業の免許は必要か

  2. ▼宅地の定義

  3. ▼自ら賃貸借する場合は宅建業の免許は不要

  4. ▼支店のみ宅建業を営む場合の事務所

  5. ▼案内所に備えるべきもの

  6. ▼事務所に備え付ける従業者名簿


免許


  1. ▼免許換えの手続き

  2. ▼法人合併による消滅の届出

  3. ▼過失傷害による欠格要因


取引士(宅建士)


  1. ▼取引士(宅建士)の独占業務

  2. ▼取引士(宅建士)の登録ができない未成年

  3. ▼主任者証交付までの流れ


営業保証金と保証協会


  1. ▼営業保証金の供託時期

  2. ▼保証協会の社員としても地位を失った場合

  3. ▼営業保証金と弁済業務保証金分担金(保証協会)の違い

  4. ▼支店廃止による営業保証金の取り戻し


契約関係


  1. ▼媒介契約の有効期間

  2. ▼指定流通機構の登録証の引渡し

  3. ▼取引態様の明示

  4. ▼売主が宅建業者の場合の重要事項説明義務


8種規制


  1. ▼宅建業者が買主の場合の8種規制

  2. ▼損害賠償額の予定特約を定めなかった場合

  3. ▼手付金の額の制限

  4. ▼買主の申し出で申込場所が自宅、勤務先

  5. ▼瑕疵担保責任の特約の制限

  6. ▼自己の所有に属しない物件の売買禁止

  7. ▼割賦販売契約の解除の制限

  8. ▼割賦販売における所有権留保の禁止


報酬


  1. ▼宅建業の報酬額の計算


監督・罰則


  1. ▼指示処分は公告されない

宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
宅建業法