ラインで宅建の勉強

▼管理組合と管理者

マンションでは必ず管理組合が存在します。
管理組合は結成しなくても、当然に存在します。
そして、区分所有者全員が構成員として管理組合に属します。

管理組合法人


管理組合法人とは管理組合が法人化したもので
以下の2つの要件を満たせば、法人となれます。

①区分所有者及び議決権の3/4以上の決議(特別決議)で
法人名と事務所所在地を定める
②事務所を登記する

そして、管理組合法人には必ず理事監事を置かなければなりません

管理者


管理組合法人では理事が管理組合の代表者として、管理します。
それに対して法人化されていない管理組合は管理責任者として管理者を置くことができます。
そして管理者は区分所有者以外の方(法人でもOK)でもなることができます

管理者は集会の招集できます。
集会を招集する必要があるのに、管理者や理事が招集しないときは、
区分所有者の1/5以上で、議決権の1/5以上を有する者は、
管理者または理事に対し、会議の目的たる議題を示して、集会の招集請求することができます。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
区分所有法