ラインで宅建の勉強

▼敷地利用権

戸建て建物の場合は、土地を建物の所有権を有する場合が多い。
マンションの場合、一室(専有部分)が自分の建物であり、土地については全員で所有権を共有したりします。
この所有権のことを敷地利用権と言います。

建物=専有部分
土地=敷地利用権

と考えると分かりやすいですね。

本ページで試験に出題される可能性の高い部分は「敷地利用権の持分処分」だけです。
この点だけ、しっかりおぼえてください。

敷地利用権の持分処分


戸建て建物の場合、土地と建物を別々に処分(売却)することができますが、
マンションの場合、規約で別段の定めがない限り専有部分の所有権と敷地利用権を
分離して処分することはできません

規約で分離処分が認められていれば分離処分できます

規約敷地


区分所有者の共有に属さない敷地であっても、規約で定めることにより、
区分所有者の団体の管理の対象とすることができます。これを規約敷地といいます。

敷地権


専有部分と敷地利用権が分離処分できず、同時に登記される場合
敷地利用権を登記することで、敷地権と呼ばれるようになります。

規約によって、分離処分が認められている場合は、敷地権の登記はできません


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等