ラインで宅建の勉強

▼専有部分と共用部分

マンションは区分所有権の目的となる専有部分(自分だけの場所)と目的とならない共用部分(みんなの場所)に分かれます。

区分所有権

>専有部分


専有部分とはどのような部分かというとマンションの一室と考えれば分かりやすいと思います。
例えばマンションの一室の扉や天井、床などです。
そして、専有部分が区分所有権の対象となります

共用部分


マンションの所有者(区分所有者)が全員または一部の人で利用する部分で
廊下や集会所、エレベーターなどがあります。
そして、共用部分は区分所有権の対象となりません

しかし、共用部分は規約で定めることにより、特定の区分所有者の所有とすることができます。

分かりやすい例が共用部分の管理所有の制度です。
例えば、管理人室や会議室を管理者所有にすることが挙げられます。

えっ!さっき共用部分は区分所有権の対象にならないっていったじゃない!
と思う方は鋭いですね!

そうです。登記はできません。

つまり、管理を適切かつ円滑に行うために、形式的に管理所有者の所有としただけです。

また、共用部分は「法定共用部分」と「規約共用部分」に分かれます。

法定共用部分とは法律上当然に共用部分となる部分です。
廊下や階段、エレベーターなどが挙げられます
それに対し、
規約共用部分とは規約により共用部分とすることができる部分で、専有部分や付属建物
(別館の集会所など)を規約共用部分とできます。
専有部分も共用部分にできるの?って思う方もいるかもしれませんが、集会所管理人室倉庫など
のことを表しています。
そう考えれば、理解できますよね。
そして、この規約共用部分を第三者に対抗するには登記が必要となります。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等