ラインで宅建の勉強

▼ 宅建ってどんな資格?

人気の国家試験


宅建の受験者数は約20万人であり、行政書士7万人、税理士5万人、司法書士3万人と比べると
法律系の資格では非常に人気があります。
その理由は下記「幅広い分野で活躍」できるからです。事実、7割以上の方が不動産会社以外の方が受験しています。
そして、合格率は約16%で国家試験では標準的なレベルで、初心者の方も多く受験されています。
実際、きちんとした勉強法(勉強の仕方)を行えば、独学で一発合格も十分可能です。

日本の大手企業から取得が奨励されている資格でもNo1です。

1位:宅地建物取引士
2位:社会保険労務士
3位:中小企業診断士

その理由は大手企業になればなるほど、事務所を多く構えるため、事務や総務の仕事で、土地や建物の賃貸借契約を締結することも多く、また、従業員の社宅として、法人契約を締結する会社も非常に多いからです。
私自身も、中小企業の会社に勤めていた時は法人契約で、事務員の方に賃貸借契約などの書類を提出していました。

幅広い分野での活躍


不動産業界だけでなく、金融機関土木・建設業また、一般企業でも店舗開発を行う場合は
店舗用地の取得な契約など重要な部分で必要とされています。

昇給・昇格の対象にも強い


宅建取引士にしかできない業務(独占業務)があるため、
企業によっては、資格手当て昇進・昇格・昇給に結びつく可能性も多くあります。
通常毎月1万円から3万円上乗せというが多いですが、弊社の個別指導の受講者で合格した方の中に毎月5万円という方もいました。
私自身も聞いてビックリしたくらいです!

宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等