ラインで宅建の勉強

▼遺留分減殺請求

遺留分とは相続人が相続財産の一定の割合を相続できるように保障する制度です。

そして、その割合は法定相続分の1/2と考えてください。
例えば、子の法定相続分が500万円である場合、遺留分は250万円となり、
子が250万円を相続できない遺言は有効ではあるが、遺留分減殺請求により
侵害している分を子に返還しなければなりません。

遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害された相続人が遺留分を返せといえる権利です。

また、遺留分は相続人である兄弟については認められていません

そして、遺留分は相続開始前に家庭裁判所の許可を得て放棄できます
相続開始後は家庭裁判所の許可は必要なく、要式も自由とされています。

それに対して、相続放棄は相続開始前にすることはできません

そして、忘れがちなのが、遺留分減殺請求の消滅時効
相続が始まった事と、自分の遺留分を侵害している事が起きていることを知った時から1年
なので、覚えられれば覚えておきましょう。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
民法 等