ラインで宅建の勉強

▼相続人 相続分 代襲相続 放棄 ・・・

相続でまず問題となってくるのが、誰が相続できるかという問題です。
下図で説明します。

相続人


相続人(宅建)

【相続人の考え方】

死亡した本人に配偶者がいるか、いないかです。配偶者がいれば、配偶者は必ず相続人となります。

次に考えるのが、子がいるかどうかです。
子がいれば、相続人は「配偶者」と「子」で決定です。(第一順位)

次に子がいなければ、死亡した本人に父母がいるかどうかです。
子がいなく父母がいれば、相続人は「配偶者」と「父母」で決定です。(第二順位)

次に子も父母もいない場合、死亡した本人の兄弟がいるかどうかです。
兄弟がいれば、相続人は「配偶者」と「父母」で決定です。(第三順位)

これが上図右の表になり、原則となります。

その相続人で重要なポイントとなるのが、
「養子」と「非嫡出子」のどちらも相続人となるということです。

ただし、相続分については少し異なるので注意しましょう。
後でご説明します。

非嫡出子とは、婚姻関係のない男女から生まれた子を指します。
嫡出子とは婚姻の関係のある夫婦から生まれた子を指します。


相続分


つぎに問題となるのは、相続人は決まったけど、誰がどれだけ相続できるのかが問題となります。
以下の表が相続分の分け方です。

例えば、子が死亡しており、1500万円を配偶者と父母が相続した場合、
3分の2である1000万円を配偶者が相続し、
3分の1である500万円を父母が相続します。
つまり、父母がどちらも健在の場合、250万円ずつ父母が相続するということになります。

相続分の具体例(宅建)

ここで、「養子」と「非嫡出子」と「嫡出子」では相続分に違いがあります。

○養子と嫡出子(実子)は同じ相続分
○非嫡出子は嫡出子(実子)と同じ相続分

つまり、養子と非嫡出子と嫡出子が合計900万円を相続すると仮定すると
養子・嫡出子・非嫡出子それぞれ300万円を相続するということです。


代襲相続


代襲相続とは相続人が死亡していた場合、相続人の子が相続することを言います。

例えば、相続人である子が死亡していた場合や、子が欠格である場合などのとき
その子つまり孫が代わって相続できるということです。

代襲相続(宅建)

【代襲相続できる場合とできない場合】

覚えるべき点は相続人が相続放棄した場合は代襲相続できないという点です

代襲相続ができる場合相続人の死亡、廃除、欠格
代襲相続ができない場合相続人が相続放棄した場合


上の表の「廃除」と「欠格」をご説明します。

廃除とは
自分を虐待した妻や息子などの相続人に自分の財産を相続させたくない場合、
被相続人が生前に家庭裁判所に申立てるか、遺言によって行います。
但し、遺言したとしても、家庭裁判所の許可が得られなければ有効とならないので
結論は家庭裁判所の許可が必要ということになります。

欠格とは
相続人が不正な利益(相続)を得るために違法な行為をしたり、
被相続人(死亡した人)に対して犯罪行為を犯した場合に、手続きなく資格を失うことです。

そして、相続欠格は遺言よりも強い効力を持つことから
遺言によって財産をあげようと思っても欠格である場合は財産をあげれません。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
相続