ラインで宅建の勉強

▼危険負担


危険負担とは
契約後に、債務者の責任なく、やるべきことを果たせなくなった場合、
買主(債権者:引き渡してと請求できる人)
売主(債務者:引き渡さなければいけない人)
どちらが負担するか?という問題のことをいいます。

例えば、
契約後、地震によって建物が全壊してしまった場合、
どちらの負担(責任)にしますか?

今回、目的物が“建物”という特定の物だと、買主が負担する(責任を持つ)こととなります。
つまり、全壊してしまっても、売主にお金を支払わなければならないと言うことです。

一方、目的物が“アサヒの瓶ビール10ケース”というように不特定の物の場合、
(アサヒの瓶ビールは一つしかないわけではなく、どこでも買える。)
売主が負担する(責任を持つ)こととなります。
つまり、売主の倉庫が地震で全壊し、その倉庫にあった瓶ビールが無くなったとしても
違うところから仕入れをして、買主に引き渡さなければならないということになります。

契約前に上記建物が焼失していた場合は、契約自体が無効となります。
 

危険負担の種類


危険負担は「債権者主義」と「債務者主義」の二つがあります。
債権者主義とは建物の引渡債権を持つ買主が損害を負担するという意味で
債務者主義とは建物の引渡債務を持つ売主が損害を負担するという意味です。

契約における目的物が建物などの特定物の場合、債権者主義(買主が損害を負担)で、
不特定の場合、債務者主義(売主が損害を負担)します。

危険負担の重要事例


建物の売買契約が成立後両当事者の責めに帰すことができない火災により滅失してしまった場合、
買主が責任を負担しなければならない。つまり、売主に代金を支払わなければならない。
これを債権者主義といいます。

FILE_387.jpg

危険負担の規定は任意規定なので、当事者間で危険負担についての「売主が負担する」というような特約を定めることができます


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
債権と債務