ラインで宅建の勉強

▼物権変動

物権変動とは、所有権などの物権が動くことを指します。
例えば、売買による所有権移転や、時効取得による所有権の取得などのことを言います。

覚えなければいけないのはここからで、
物権変動というと第三者に対する対抗要件の問題が頻出です。

対抗問題の原則


二重譲渡が生じた場合、原則、登記を先に備えたほうが第三者への対抗を持ちます
二重譲渡について悪意の第三者であっても先に登記を備えれば優先されます。

登記がなくても対抗できる第三者


「登記がなくても対抗できる第三者」ということは、保護するに値しない者という風に理解すると分かりやすいです。
例えば、「無権利者」「背信的悪意者」「不法占拠者」
不法占拠者に対しては登記なくして対抗できる

保護するに値しない者ではないが、買主は「売主の相続人」に対して登記なくして所有権を対抗できます
なぜなら、売主の相続人は売主の債権債務を承継するため、売主の当事者と同じ扱いになります。
それゆえ、買主は売主の相続人に対して所有権なくして対抗できます。

登記をしなければ第三者に対抗できない者


差押債権者


第三者が差押債権者の場合、差押債権者に所有権を対抗するには、
所有権を登記しなければ差押権者に対抗できません

差押債権者は第三者にあたる

不動産の賃借人


第三者が不動産の賃借人の場合、その賃借人に対して所有権を対抗するには、
所有権を登記しなければ賃借人に対抗できません


賃借人は第三者に該当


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
物権