ラインで宅建の勉強

▼囲繞地通行権

囲繞地通行権(いにょうちつうこうけん)とは
下図のような他の土地に囲まれていて道路に通じない袋地の所有者が当然に有する
他の土地を通行できる権利ことです。

囲繞地=袋地を囲んでいる土地と考えて大丈夫です。

FILE_386.jpg

通行権の行使方法


どのような通り方をしてもいいかというとそうではありません。
袋地を囲んでいる土地に最も損害が少ない通路を選んで通行しなければなりません。

そして、袋地を所有する者は登記を備えていなくても、主張することができ
さらに、囲繞地の所有者の承諾もいりません

土地の分割や一部譲渡によって袋地が生じた場合


分割により袋地が生じた場合、
袋地の所有者は分割による他の分割者の所有地を通行することができ、
分割に関係ない囲繞地を通行することはできません

一部譲渡により袋地が生じた場合とは、一部譲渡した所有地のみ通行でき、
同じく、譲渡に関係ない囲繞地を通行することはできません。

試験ではよく出題されていますが、
基本的な事項なのでいつ出題されてもおかしくないと思いますので覚えておきましょう。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
物権