ラインで宅建の勉強

▼連帯保証と普通保証の違い

保証には大きく分けて、2つあり「普通保証」「連帯保証」に分けられます。

基本的にはどちらも保証人です。

では何が違うのか?

普通保証連帯保証
催告の抗弁権と検索の抗弁権ありなし
保証人が請求を受けた場合の効果主たる債務者の時効は
中断しない
主たる債務者の時効は
中断する

この上記2つだけ覚えておいてください。

催告の抗弁権とは「まず債務者(太郎)に請求してください」という権利で

検索の抗弁権とは「まず債務者(太郎)の財産について執行してください」という権利です。

そして注意が必要のは

保証人ではなく、債務者が請求を受けた場合⇒普通保証人も連帯保証人も時効が中断する


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
保証人