ラインで宅建の勉強

▼保証とは・・・

保証とは
債務者が債務を履行できない(借りたお金を返せない等)場合に
債務者に代わって、債務を履行する義務を負うことをいいます。

保証の具体例

保証債務の効力


原則、債務者に生じた事由の効力は保証人に及びます。(絶対効)

例えば、上図で太郎がヒロシから100万円借りて、
太郎が40万円返せば、その効果が花子に影響し、債務が60万円となります。
常識ですよね。

重要なのはここからです。
例外があるんです。

さらに太郎がヒロシからさらに追加して50万円借りた場合、
保証人に増額された分は保証しなくて大丈夫です。

また、債務者に生じた時効利益の放棄をした場合でも
保証人花子は時効を主張できます(時効の援用)。

この二つは相対効です。

  1. 主債務が増額されても、保証債務は関係ありません
  2. 債務者が時効の利益を放棄しても保証人は独自に時効を援用(主張)できる

保証債務の性質


保証債務の性質は3つ「付従性(ふじゅうせい)」「随伴性(ずいはんせい)」「補充性」です

付従性とは
保証債務は主債務より重くなることはなく
主債務が消滅すれば、保証債務の消滅するということ

随伴性とは
債権を権者(ヒロシさん)が第三者に譲渡した場合、
それに伴い、保証債務も移転
します。

つまり、第三者と(保証人)花子さんとの保証契約に代わるということです。

補充性とは
保証債務はあくまで主債務者が約束を守らなかった場合
の受皿的なものである性質を指しています。

それゆえ、保証人(花子)は債権者(ヒロシ)が請求してきた際に

まず債務者(太郎)に請求してください」という催告の抗弁権を有するとともに

まず債務者(太郎)の財産について執行してください」という検索の抗弁権を有しています

上記のように

「検索の抗弁権」とは
主たる債務者に弁済能力があり、かつ、取立て可能であることを証明することで、
自己の保証債務の履行を拒むことができる権利

「催告の抗弁権」とは、
債権者が保証人に債務の履行を請求したときに、
保証人がまず主たる債務者に催告をなすべき旨を請求することができる権利


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
保証人