ラインで宅建の勉強

▼独学で宅建に合格できない理由

あなたは宅建に何回落ちましたか?

1回ですか?それとも3回以上ですか?

不合格の回数は1回でも3回でも5回でも
原因はそれほど変わりません!

  • 計画を立てていなかった
  • 計画を立てたけど、実践できなかった
  • 過去問ばかり解いて、解説を覚えようとしていた
  • テキストの内容を丸暗記してた
  • モチベーションを維持できず、途中で断念した
  • 忙しくて勉強時間が作れなかった
  • 集中して勉強できていなかった
  • 問題文や法律を理解していなかった

挙げればキリがないですが、上記いずれか1つでも該当してしまうと、合格できなくなる可能性が高いです。

合格する人の特徴


合格する人は、上記について完璧ではないものの、ある程度できています。

『大まかにも計画を立てて、
ある程度問題文や法律を理解し、
忙しい中でも勉強時間を作り、
やる気がない時でも、ある程度集中して勉強を行う』

つまり、上記を一言でまとめると、「自己管理がしっかりできる人」です。

自己管理(セルフマネジメント)ができないと、
『勉強時間も作れないし、課題も見つけられないし、・・・・・』
不合格になってしまうわけです。

試験範囲の広い宅建試験では
計画を立てなければ、試験直前になって、「時間が足りない・・・・」
となるのは当然の結果です。

また、過去問の解説を覚えても、実際の試験の問題を理解できなければ
得点はできません!

宅建合格するためにまず何をすべきか?


  1. 毎日、勉強する習慣をつけること
  2. 法律をかみ砕きながら頭に入れていく

まずは、この2つです。
もちろん、この2つだけで合格できるわけではないです。
しかし、何事も一歩ずつ前進していく必要があります!
プロ野球選手もいきなりプロになれるわけではありません。
日ごろから走り込みをして、素振りを重ねてと、基本的なことから行って、プロという偉業を成し遂げるわけです。

まず、上記2つを行いましょう!

もし、自分独りでは難しそうと思ったのであれば、
上記2つが自動的に行うことができるメルマガを無料でお送りいたします!

毎日3問、過去問の解説を無料でお届けします!
ここに記載されている解説は、市販のテキストや予備校の解説よりも分かりやすいと好評をいただいており
平成28年1月現在、7000名の方に読んでいただいています。

宅建試験に合格するために役立つと思いますので是非ご活用ください!
↓↓
毎日3問の無料メルマガはこちらから


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方