ラインで宅建の勉強

▼弁済


弁済とは
例えば、「借りたお金を返す」「車の修理屋がお客様に預かった車を返す」などの
行為を弁済というのですが、「お金を借りた側・車を預かった修理屋」は
それぞれ、「お金を返さなければばらない・車を返さなければならない義務・約束(債務)を負っています。
その約束を守ること(債務を消す行為)が弁済なのです。
つまり、「債務の履行(実現させること)」と同じ意味です。

第三者弁済


第三者弁済とは
弁済を、債務者ではなく、第三者が行うことを言います。
ここで問題になってくるのが、第三者の誰でも弁済できるか
です。

債務者が認めていれば、誰が弁済してもいいのですが、
債務者が認めてない場合は、利害関係人しか弁済できません
言い換えると、債務者の意に反しても、利害関係人であれば
弁済できる
ということです。

では
利害関係人とは誰を指すのか?

保証人物上保証人も含む)
借地上の建物の賃借人
・一般債権者
などです。

ここで注意が必要なのは、親や兄弟などの親族は利害関係人ではないということです。
試験でひっかけてくる可能性があるので注意してください。

 

代物弁済


代物弁済とは
本来はお金を借りたから、お金で返さなければいけないものを
債権者の承諾を得て、土地などの異なるもので弁済することを
言います。
覚えるべき点は以下にまとめてありますのでご確認ください。

代物弁済の重要ポイント
不動産で代物弁済する場合、所有権移転登記手続が完了して初めて、弁済完了となる
代物弁済の目的物は当事者が合意していれば、同価値のものでなくてもよい。そして、代物弁済すれば、清算完了(債権債務はなくなること)となる
代物弁済として金銭債権を譲渡する場合は、対抗要件が備えられているならば、その金銭債権の弁済期が到来していなくても、弁済としての効力が生じる
⇒債権譲渡の対抗要件参照
不動産で代物弁済して、その不動産に隠れた瑕疵があった場合は賠償責任が生じる

弁済による代位


弁済の代位
上図で、債権者は債務者に対して、お金を貸しました。
すると債権者は「貸金債権」を持ったことになります。

債務者はお金を返せないということで、保証人が債務者に代わって
お金を返しました。
言い換えると、債権者の持っていた「貸金債権」を保証人が
買ったと言えます。

この保証人の弁済により、債権者の地位が保証人に代わることを
弁済による代位と言います。

弁済による代位が行われると「貸金債権」は保証人に移動するため、
保証人は債務者に対して、弁済額を請求することができます。
このことを「求償」と言います。

つまり、保証人が償った額(つぐなった)を求めるわけです。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
債権と債務