ラインで宅建の勉強

▼自己契約・双方代理の禁止


自己契約


自己契約とは
代理人が本人の相手方として、契約することを言います。

本人A―――代理人B
   契約=自己契約

自己契約は原則と禁止されており、無権代理となり本人に契約の効果は及びません。

ただし、本人が承諾している場合は、有効な契約となります。

双方代理


双方代理とは
代理人が当事者双方(売主、買主双方)の代理人となることいい、双方代理によってなされた契約は無権代理となり、本人に契約の効果は及びません。

自己代理、双方代理が有効となる場合


本人があらかじめ許諾した場合、もしくは、
すでに売買契約が終わった後の
売主、買主の双方から所有権移転の登記申請の代理有効となる。
ただし、本人が承諾している場合は、有効な契約となります。

また、登記申請をする場合、
売主買主双方から司法書士が登記申請の代理依頼を受けるのは
すでに売買契約が終わって、既に契約の効力が生じた権利変動を公示する
行為なので、双方代理は有効です。


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
代理