ラインで宅建の勉強

▼表見代理


表見代理とは
相手方が代理人を見て、見た感じ、代理に見える場合は無権代理であっても
代理行為があったものとして、契約が有効とみなす制度です。

では見た感じ代理に見える場合とはどのような場合でしょうか?

表見代理の成立する場合※全てにおいて、相手方は善意無過失でないといけない
代理権を与えられた旨の表示をした場合(代理権授与表示)
⇒口頭や書面等でウソを言った場合
与えられてた代理権の範囲を超えて代理行為をした場合(権限踰越:ゆえつ)
⇒家を売る代理権を与えただけなのに、代理人が土地も売ってしまった場合
以前に代理権を与えられていたが、現在は代理権がない場合(代理権消滅後)


つまり、上記3パターンのいづれかに当てはまり、相手方が善意無過失であれば、
相手方は、表見代理を主張できます。

例えば、相手方が「善意無過失」でかつ、「代理権の範囲を超えて代理行為をした場合」は
上記より、表見代理が成立し、契約が有効であることを主張できます。

そして、表見代理が成立する場合、相手方は善意無過失なので、以下の2つを選択行使できます。

①“表見代理の主張”=契約は有効だ!
②“無権代理人の責任追求”=損害賠償請求しろ!契約を履行しろ!

ただし、表見代理が成立するからといって、無権代理人としての責任を免れることができません


⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
代理