ラインで宅建の勉強

▼無権代理



無権代理とは
代理権がなくて代理行為を行ったり、代理権限を超えて代理行為を行ったりする
こと無権代理と言います。

無権代理の効果


BはAから何ら委任されていないにもかかわらず、Aの代理として
BがCとの間で土地の売買契約を締結した。

(無権代理人)(相手方)
    B――――C
    |
    └―A(本人)

この場合Bは無権代理ということになり、
無権代理の効果は本人に帰属しません
つまり、AC間の契約は無効ということになります。

無権代理の相手方を保護するために


上記の例でも、Cは土地の売買契約したにも関わらず、無効となってしまいます。
しかし、Cは売買契約をしたくて契約したわけですから、何かしら保護する必要があります。

それが、以下の表にまとめてあります。

無権代理行為の相手方の有する権利
催告権善意・悪意関わらず本人に対して追認を求めることができる
取消権善意の場合のみ

本人に催告をして、追認が得られれば契約は契約時に遡って(さかのぼって)有効となるが
追認が得られなかった場合、結局、相手方は契約できなくて終わってしまうのかというと
そうではありません。

1.無権代理人に対して責任追及
2.表見代理の主張

の2つの対応策があるのです。

1について、無権代理人に対する責任追及とは「履行請求」「損害賠償請求」です。

履行請求とは今回の例でいうとと、無権代理人に対して、所有権移転するよう請求したり、土地の引渡を請求したりすることです。

相手方は無権代理人に対して、
善意無過失である場合、「履行の請求」または「損害賠償請求」できる
ただし、無権代理人が制限行為能力者の場合は責任追及できない



⇒ 【民法 基本テキスト】 へ行く

⇒ なぜ宅建に合格できないのか? 

⇒ 無料メルマガ:1日3問過去問をわかりやすく解説するから実力が上がる!


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
代理