ラインで宅建の勉強

⇒民法 基本テキスト

意思表示制限行為能力者代理
債権と債務連帯保証と連帯債務担保物権
物権契約総則相続
賃貸借・借地借家法区分所有法不動産登記法

「ctrl+F」 を押せば、キーワード検索できるので、目的の単語の場所が分かります!

意思表示


  1. ▼心裡留保とは・・・

  2. ▼虚偽表示とは・・・

  3. ▼錯誤とは・・・

  4. ▼動機の錯誤

  5. ▼詐欺とは・・・

  6. ▼第三者による詐欺

  7. ▼詐欺取消しによる第三者との関係

  8. ▼強迫とは・・・

  9. ▼強迫と第三者の関係

  10. ▼意思表示のまとめ


制限行為能力者


  1. ▼制限行為能力者の全体像

  2. ▼未成年の法律行為

  3. ▼成年被後見人とは・・・

  4. ▼被保佐人と被補助人とは・・・

  5. ▼制限行為能力者の取消しと相手方の保護


代理


  1. ▼代理とは・・・

  2. ▼代理人の権限

  3. ▼無権代理とは・・・

  4. ▼無権代理人に対する責任追及権

  5. ▼表見代理とは・・・

  6. ▼自己契約・双方代理の禁止


時効


  1. ▼取得時効とは・・・

  2. ▼消滅時効とは・・・

  3. ▼時効の援用とは・・・

  4. ▼時効の中断事由・・・

  5. ▼履行遅滞と消滅時効の起算点の違い

  6. ▼時効利益の放棄


債権と債務


  1. ▼債権・債務

  2. ▼債務不履行

  3. ▼債務不履行と同時履行の抗弁権

  4. ▼弁済とは・・・第三者弁済、代物弁済、弁済による代位

  5. ▼相殺とは・・・敷金請求権、不法行為に基づく請求権、時効消滅後の債権

  6. ▼差押えられた債権と相殺

  7. ▼抵当権者による賃料債権差押えと賃借人の相殺の優劣

  8. ▼債権譲渡とは・・・

  9. ▼譲渡禁止特約付き債権の譲渡と 転付命令

  10. ▼債権譲渡の「異議をとどめる、異議をとどめない」とは?

  11. ▼弁済の提供(現実の提供、口頭の提供)

  12. ▼債権者代位権


連帯保証と連帯債務


  1. ▼連帯債務とは・・・絶対効と相対効

  2. ▼不真正連帯債務

  3. ▼保証とは・・・

  4. ▼連帯保証人とは

  5. ▼保証人、連帯保証人の求償権

  6. ▼連帯債務と保証債務の違い

  7. ▼連帯保証と連帯債務の違い

  8. ▼混同


担保物権



  1. ▼留置権とは・・・物上代位

  2. ▼質権とは・・・

  3. ▼抵当権とは・・・

  4. ▼抵当権の順位変更

  5. ▼代価弁済と抵当権消滅請求の違い

  6. ▼法定地上権とは・・・

  7. ▼根抵当権

  8. ▼共同抵当

  9. ▼先取特権

  10. ▼先取特権(工事費用、保存)と不動産質権の優劣


物権



  1. ▼囲繞地通行権とは・・・

  2. ▼地役権の不可分性、随伴性、共用的性質

  3. ▼通行地役権と囲繞地通行権の違い

  4. ▼共有物の利用関係

  5. ▼物権変動とは・・・

  6. ▼取消前の第三者と取消後の第三者の対抗要件

  7. ▼相隣関係(根・枝、5cm、目隠し1m)



契約総則


  1. ▼危険負担とは・・・

  2. ▼解除の効果

  3. ▼契約解除前、解除後の第三者との関係

  4. ▼契約解除と原状回復とは?

  5. ▼売主の担保責任とは・・・

  6. ▼不法行為とは・・・履行遅滞と消滅時効

  7. ▼使用者責任と工作物責任

  8. ▼停止条件



相続


  1. ▼相続人相続分代襲相続放棄

  2. ▼単純承認と単純承認、相続放棄

  3. ▼相続の手続きと遺産分割

  4. ▼遺言

  5. ▼遺留分減殺請求


賃貸借・借地借家法


  1. ▼賃借権の対抗力

  2. ▼借地権

  3. ▼地上権と土地賃借権の違い

  4. ▼増改築の裁判所の許可

  5. ▼建物の再建築(再築)

  6. ▼借家権

  7. ▼借主に不利な特約でも有効とされる特約

  8. ▼転貸

  9. ▼転貸借の終了時期

  10. ▼存続期間(民法、借地借家法の比較)

  11. ▼賃借権の譲渡、目的物の転貸

  12. ▼造作買取請求権

  13. ▼敷金返還と引渡の同時履行の抗弁

  14. ▼敷金返還債務の承継(賃貸人変更)

  15. ▼必要費と有益費

  16. ▼事業用定期借地権

  17. ▼建物買取請求権


区分所有法


  1. ▼専有部分と共用部分

  2. ▼専有部分の面積【水平投射面積、内法面積)

  3. ▼共用部分の権利と管理

  4. ▼敷地利用権

  5. ▼管理組合と管理者

  6. ▼規約と集会決議


不動産登記法


  1. ▼不動産登記の基本

  2. ▼登記申請

  3. ▼仮登記

  4. ▼分筆登記、合筆登記

  5. ▼更正登記、変更登記、付記登記

宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
メニュー