宅建独学勉強法

独学宅建に受かる方法!

このサイトは、あなたが独学で宅建に合格するために、無料テキスト無料問題を掲載しています。
対象は「初学者・これから宅建を学ぶ人・基本的なことが頭に入っていない人」です。
ある程度、勉強してきて、基本的なことも頭に入っているという方には物足りないので、そういった方はステップアップとしてレトスのホームページで学習を進めていきましょう!

1.独学のための教材選び


私は平成21年の宅建試験で一発合格して、今は、宅建の通信講座レトスの講師として指導しています。
宅建自体、合格率は毎年15%~17%台ですが、独学で合格することが十分可能な資格です。
実際、弊社は3年連続で合格率70%超の実績を出しています。
そのノウハウも含めてお伝えしていきます!

まず、初めに気になるのが「参考書選び」と「問題集(過去問集)選び」ではないでしょうか?

>>独学で合格するための参考書の選び方

>>独学で合格するための過去問集の選び方

次に、考えるべきことは、「計画を立てる」ことです!

2.独学合格するための計画の立て方


計画なんて立てなくても、勉強すればいいんでしょ!と思っているかもしれませんが、実際、計画を立てずに勉強すると、ほとんどの場合で、試験に間に合わないという悲惨な目に遭います。勉強を始める日と試験日までの期間から逆算して、1日あたりどれくらいの勉強をしなければいけないのかを考える必要があります!

その前に、計画を立てる重要性について、共有させていただきます。これを理解していないと、結局、計画を立てなかったり、計画を立ててもそれに沿って勉強しなかったりということになります。

>>独学の場合、なぜ計画がそれほどまでに重要なのか?

>>独学合格するための計画の立て方

計画を立てたら次は実際に勉強を始めていきます!

3.独学合格するための勉強の仕方


ここからが本番ですね!正直、参考書選びや過去問集選びで差がつくことはあまりないです。
差がつくのは勉強の仕方です!中卒だろうが大卒だろうが関係ありません。
実際弊社の受講生で中卒の方で一発合格した方もいますし、逆に、大卒だけど独学で合格できない方もいます。
この差は「勉強法」の違いです。
私がお伝えする勉強は、「〇〇式勉強法」や「超速勉強法」と言われるような「テクニック」的なものではありません。
勉強法の王道ともいわれている勉強法です。
だからこそ、誰でも実践できる勉強法ともいえるわけです!

>>独学合格するための勉強法

独学で宅建に落ちる原因と対策


これまで宅建の受験生を指導してきた中で、独学で宅建に落ちる人ならではの特徴があります!
その特徴をお伝えするので、あなた自身、それに当てはまっていないか?自問自答してみてください!
1.やる気が出なくて勉強が続かない
2.計画を立てない・立てても計画表を使っていない
3.復習をしていない
4.丸暗記をするだけで理解していない
ざっと挙げただけでも4つあります。一つでも当てはまったら独学で合格するのは難しいので、これらを一つできるように変えていきましょう!

>>独学で宅建に落ちる原因と対策

ここまでが、ざっと独学で合格するための勉強法についてお伝えしてきました!
ここからは、宅建に関する情報になります!時間を見つけながら確認しておきましょう!

各科目の試験対策


独学で宅建に合格するためには、しっかりと対策を練って勉強を進める必要があります。単に勉強すれば合格できるといった簡単なものではありません。しっかり各科目について勉強する上でのポイントを押さえながら勉強を進めていく必要があります。各科目についてそれぞれ対策方法をまとめましたのでこちらを参考にしてください。

>>権利関係対策

>>宅建業法対策

>>法令上の制限対策

>>税その他対策

宅建とは?


独学で宅建合格! おすすめ勉強法


独学用の宅建無料テキスト


独学用の宅建問題集


⇒ 平成28年度宅建試験解説
⇒ 平成27年度宅建試験解説
⇒ 平成26年度宅建試験解説
⇒ 平成25年度宅建試験解説
⇒ 平成24年度宅建試験解説
⇒ 平成23年度宅建試験解説

宅建著者情報


宅建は就職に非常に強い武器

宅建の出題範囲を見てみましょう。

  民法 : 14問
  法令上の制限 : 8問
  宅建業法 : 20問
  税金、土地・建物・その他の知識 : 8問

上記科目を見ると不動産の知識だけでなく、その他の法律知識が付随してくることが分かります。
それゆえ、宅地建物取引士(旧取引主任者)であるということは、不動産の知識だけでなく、民法の基礎知識もあることが客観的に判断できます。

そのような理由から、宅建士はお金を貸した担保として不動産に抵当権を設定してもらう金融業界や建物に損害が生じた際に保険金を支払う保険会社からのスカウトも多いです。また、小売流通業でも新規出店などで、土地を賃借したり購入したりすることもあります。その際、不動産と民法の知識がある者が企業にいれば、不動産業者の言いなりになることもなく、公平な立場で交渉ができるので、宅建士は重宝されています。

近年の宅地建物取引士試験の受験者数は約20万人、合格率は15~20%。難易度としては難しい資格には入らないが、きちんと勉強しないと宅建には合格できません。是非、本サイトを利用して効率的かつ効果的に独学で学習していただき、宅建に一発合格していただければ非常にうれしいです。
宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

試験勉強はいつから始めるべきか?


覚えたことを忘れるから試験半年前から始めるはウソ


メルマガの読者様からこんなメールが届きました!

「今から(1月)勉強を始めても覚えたことを忘れるので、試験半年前から頑張ります!」

私は正直びっくりしました! 通常、独学の方であれば、1年あっても十分とは言えないのに、半年前から頑張る!? そんなことをしていたら何年勉強しても受からないですよ!

なぜなら、半年前から頑張ってできることとなると、詰め込み教育です。詰め込み教育とは、過去問や参考書の丸暗記です。これでは、別角度から出題していくる本試験では全く使えない知識で合格点は取れません。。。。 もし、あなたもこのように考えているであれば、今すぐ、この考え方は排除しましょう!

標準学習時間に隠された秘密


大手の予備校や通信講座のHPに宅建に合格するために必要な学習時間(標準学習時間)が公開されています。 ある通信講座のHPには「300時間」と記載されていました。どこの予備校もだいたいこのくらいです。

では、300時間とはどれくらいの勉強が必要なのか?


1日2時間勉強したと仮定すると、1ヶ月30日で5ヶ月です。
実際、受験生の50%以上の方が300時間以上勉強しています。 でも、合格率は15%~18%。。。どういうこと?って思いますよね!

この300時間というのは、「効率よく勉強した場合の勉強時間」です。 つまり、効率よく勉強できていなければ、どれだけ勉強しても合格するのは難しいです(運任せ)

そうなると、誰しも知識ゼロからり勉強を始める訳ですが、いきなり「質の高い勉強」ができるか?というと、それはまず無理ですよね!?
誰しも、効率的な勉強法を身につけるのにそれなりの期間が必要なんです。

実際、独学の方や予備校に通っている方で、3年以上、中には7年8年落ち続けている方もいますが、これだけの期間があっても、効率的な勉強法が身につかない方もいるくらいです。

そう考えれば、試験5ヶ月から始めるというのは、正直無理がありますよね!?
だから、今すぐ、始めるべきなんです!

試験3ヶ月前からはじめても宅建合格できる!?


もちろん、このページを見たのが試験3ヶ月前です。。という場合もあるでしょう。
実際、レトスの個別指導では、7月になってメールでこんなメールをいただきました。

「宅建の勉強をしたことがないし、中卒で、中学校でもほとんど勉強をしていません。でも、今から勉強して今年合格したいです。どうしたらいいか教えてくれませんか?」

私自身もこれまで6月から指導して4ヶ月で合格まで導いた実績はありますが、3ヶ月はなかったので、 「できるだけのことはしますが、合格できるかどうか分からないですよ。」 というメールを返信しました。

実際、その方は、それでもできる限りのことはやるんで、ということで、受講していただきました。

時間がないので、まず始めに「効率的な勉強の仕方」を教え、それを実践しながら弊社の過去問集を進めていただきました。 結果、その方はたった3ヶ月の勉強で合格点+3点で一発合格。
つまり、ギリギリでも合格することは可能だということですが、1日の勉強量が非常に多くなりきついです。 なので、今すぐ始めましょう!

効率的な勉強とは?


上にも記載したとおり、効率的な勉強ができていなければ、どれだけ勉強しても実力は上がってきません。

しかし、過去問や予想模試は40点以上まで上がってきます。しかし、これは一概に実力が上がったとは言えません。答えを覚えているから得点できるのであって、実力があるから得点できている人はほとんどいないです。

つまり、あなたがやるべき事は効率的な勉強法がどのようなものかを「知り」「実践」していくことであり、これが合格への第一歩ということです。 そうしないと、どれだけ勉強しても、どれだけ試験を受けても合格できない悲惨な結果になるので、それは避けましょう!

>>効率的な勉強法(独学でできる理解学習)はこちら
宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

法令上の制限の独学勉強法



法令上の制限がどうしてもうまく頭に入らない。。。

そんな経験ありませんか?

これから勉強される方はそもそも「法令上の制限」が何なのかが分からないと思うので簡単に説明します!

「法令上の制限」とは都市計画法や国土利用計画法、農地法、土地区画整理法、宅地造成等規制法など
あまり聞きなれないマイナーな法律です。

マイナーなだけに、「何をいっているか分からない・・・」
というわけです。

市販の解説書(テキスト)や予備校の解説書を見ても分かりづらいのが法令上の制限の特徴です。

では、どうすれば、うまく頭に入れることができるのか?

イメージすることと具体例を頭に入れてくことが重要です。

でも、
市販のテキストや予備校の解説書に記載されていない場合があるので困るわけです。

結果として、覚える勉強法になり、実力が上がらないことになるんですね・・・

そうならないためにあなたがやるべきことは、
本やネットで調べる
ということです。

時間はかかりますが、これを行わないと、いつまでたっても本当の実力は付かず
運任せの宅建試験となります。

独学でも「調べる」能力があればいいのですが
ない方もいるはずです。

そんな方は是非、個別指導をご利用ください!
個別指導であれば、
・分からない部分はすぐに質問いただけるし、
・勉強の仕方もお伝えします!


結果として、考える・調べるといった無駄な省くことができるので
短期間で実力が挙げられるわけです!

興味がある方はこちらをご覧ください!
↓↓
宅建合格する為の勉強法


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

宅建の覚え方

宅建に合格するためには覚えることが多くあります。

どのように覚えれば効率的か知りたいですよね!

私は2つの方法で効率的に覚えていました。

1.頭でネット化して覚える

2.語呂合わせで覚える

語呂合わせで覚えやすいものは語呂合わせで覚え、そうでないものは頭でネット化して覚えます。

1.頭でネット化して覚える

テキストを中心に勉強する方は、この覚え方の方が多いかもしません。
ネット化とは一つの単語(情報)から、いろいろな単語(情報)をつなげていくことです。

たとえば、
「詐害行為取消権」という言葉が出たら
・詐害行為の定義:債務者が債権者を害する法律行為(詐害行為)をしたこと、具体的には債務者が無資力になること
・訴える相手は受益者または転得者
・相当価格による売却であっても原則として詐害行為になる
・債権者は、直接自己に対して所有権移転登記を求めることはできない

このくらいはパッと頭に描けるようにしましょう。
テキストばかり勉強している人は、ページごとにページそのものを絵として捉える場合が多いので、
詐害行為取消権のページがあれば、この4つは覚えてしまうかもしれません。

しかし、テキストばかりやっても、結局集中力が切れるのが早いので効率は悪いですよ。

「問題を解きながら、分からない部分をテキストで調べるというバランスが宅建合格のために重要です。


2.語呂合わせで覚える

たとえば、
平成16年問21
木造3階建て、延べ面積500m2、高さ15mの一戸建て住宅について大規模の修繕をする場合は、建築確認を受ける必要があるか

この問題は、覚えるのが大変ですよね!
建築確認に関する内容はこちら
こんなのまともに覚えていたら、気が狂います。
そこで語呂合わせ!
産後の父さん苦しい夫婦!」です。
産(3階)後(500㎡)の父さん(13m)苦しい(9m)夫(2階)婦(200㎡)
木造の建築物で3以上の階数を有し,又は延べ面積が500平方メートル超高さが13メートル超,もしくは軒の高さが9メートル超のものは、建築確認の必要な木造の大規模建築物に該当する。

このように勉強法は合格するために非常に重要な要素です!

しかし、不合格の方のほとんどがこの勉強法を習得するのに非常に時間がかかります。
なぜなら、今までの勉強習慣を変えなければならないからです。

それでは、多くの方が合格するのは難しいと思い、
問題集を解くだけで、必然的にこの勉強法ができるように
最重要問題集を開発いたしました。

市販の教材には載っていません。

今のままの勉強の仕方で、再度失敗するか、
勉強の仕方を変革するか
二つに一つです。

無駄な投資はすべきではありませんが、
必要な投資はすべきでしょう!


是非、今一度、勉強の仕方について考えてみてください。

  ⇒ ⇒ ⇒ 平成25年度版 最重要問題集の特徴はこちら


また、自分一人では思ったように勉強が進まない方、勉強が苦手な方はこちら

  ⇒ ⇒ ⇒ 1対1指導で合格へ導く宅建合格プログラム


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

独学で合格するための参考書の選び方

独学で宅建合格するためには市販の教材で十分です。
選ぶ基準としては、「全体像が分かること」「ある程度細かい内容まで記載されていること」この2点です。

全体像が分かる参考書


始めて勉強していく中で初めにぶつかる壁は、何を言っているのか分からない、、、、という問題です。
私も初めはそうでした。。。
そうならないために、法律のイメージや法律用語の意味などが分かりやすく記載されているものを選ぶ方が良いでしょう!

例えば、「都市計画法の開発許可」とはどういったものか?書店に行って、複数の参考書を見比べてみてください!
分かりやすいものもあれば、分かりにくいものもあります!これは、あなたの主観で大丈夫です!
当然、分かりやすいものがいいですね!

また、「抵当権と根抵当権」とはどういう権利か?基本的な法律用語ですが、意外と理解していない方も多い部分です。
これも、参考書を見て、違いは何だろう?と調べてみてください!

参考書を比較するときは、同じ単語や同じ分野という風に基準を決めて、比較するようにしましょう!
その方が優劣をつけやすいと思います!

細かい内容まで記載されている参考書


上記で、ある程度、参考書は絞られたでしょう!
次に、選ぶ基準は。「細かい内容まで記載されているか?」です。
実際の本試験で出題されるのは、細かい内容が出題されます。
そのため、「マンガ」だったりとか、「600ページ未満の薄い参考書」だけでは、不十分なため、なかなか点数が取れません。
「700ページ以上の参考書」や「分野別に分かれている参考書」を選んだ方が良いでしょう!
もちろん、参考書を2冊買うというのであれば、1冊はとっつきやすいマンガを選んだりするのもよいでしょう!
ただ、必ず、細かい内容まで記載されている参考書を1冊は持っておきましょう!

サラッと勉強できる無料の参考書も本サイトに掲載しているので、使ってみてください!
>>無料でテキストはこちら

次にやるべきことは、過去問集(問題集)選びですね!
>>独学で合格するための過去問集の選び方

宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

独学か通信か通学か?

私は独学で一発で合格をいたしました。
なぜ、私が独学を選んだのか?
それは、通信や通学はお金と時間がかかるからです。
“えっ!お金がかかるのは分かるけど、時間もかかるの?”
と思ったあなた、お教えします。

なぜ、通信、通学で合格するのに時間がかかるのか?

通信や通学では、そのコースで学習計画が決まっています。
その学習計画は、どれも復習の時間が少ないです。
宅建試験で重要になってくるのは、重要な点を頭に定着させることです。
つまり、復習の時間特に重要なのです。
それなのに、コースの学習計画では、復習の勉強時間は大して多くありません
私から言わせてみれば、通信教育、通学教育のカリキュラムに問題があるんです。

その結果、学習計画通り勉強したのに合格できず、来年も試験勉強しなければならないことになります。

通信講座の資料や通学講座の資料を鵜呑みにしてはいけません!
相手は講座を売るためにに資料を作っているのであって、合格してもらうために資料を作っているわけではありません。

信用して痛い目に合うのは自分です。

きちんと合格するにはどうすればよいのか、何をすべきかを考えてみてください。

独学であれば、その点、学習計画は自ら立てることができます。
私は「民法」「宅建業法」「法令上の制限」「税、その他」
それぞれ1ヶ月計4ヶ月で過去問10年分を3回は勉強しました。

たった4ヶ月で合格できたのには理由があるんです

それは、勉強をしているうちに、テストに出る部分が分かってきてしまったんです。

そしたら、そのとおりにテストが出て、本試験では40点を超えました

私は、合格するためには3万円あれば誰でも合格できると思っています。

“市販のテキスト”“過去問集”そして、“勉強法を学べる商材”

これで、効率的かつ効果的に勉強できます。

もちろん、やるのは自分ですよ。
やらなければ合格はできません。
やることをやっていれば、しっかり結果はでます。

・やるべきことが何かあいまいな方
・勉強していても頭に入っていかない方

におすすめなのが、
宅建試験に出る確率が高い問題を集め、
解くだけで、重要な部分を覚えていける問題集
です。

この問題集は、
平成23年度の宅建試験では6割も問題が的中しています!
平成24年度の宅建試験では21問が的中しています!

⇒ ⇒ ⇒ 平成25年度宅建最重要問題集はこちらから

次の試験で絶対合格したい方は使って損はないでしょう。
お金は稼げば取り返せますし、2回飲み会の参加を控えれば済みます
時間は何をしても、取り返すことができません

どういったステップを踏めばいいのか
今一度考えてみてください。

自分一人では思ったように勉強が進まない方、勉強が苦手な方はこちら
  ↓ ↓ ↓
1対1指導で合格へ導く宅建合格プログラム



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

宅建はアウトプット勉強法で!

法律の知識のない方が、宅建の勉強をしていると、
どうしても知識を詰め込むことに集中してしまいがちです。

確かに知識がなければ問題を解くことは出来ないので、
それは仕方のないことかも知れません。

しかし、インプットだけの勉強では、知識を定着させることはできず、効率の良い勉強とは言えません。

そこで、重要になるのが復習です。

ここで一つ、あるアメリカの大学がおこなった実験で、興味深いデーターがあります。

数人の学生に普段使うことのない単語に覚えてもらいました。

但し、それぞれ時間の使い方を変え、ある学生は100%新しい単語を覚える時間に使い、

もう一人の学生は新しい単語を覚える時間は全体の20%で、残りの80%を復習につかったのです。

すると、復習に多くの時間を使った生徒は、まったく復習をしなかった生徒の2倍以上の単語数を覚えていたのです。

要するに
知識をインプットする時間よりも、
復習に使う時間を増やしたほうが、記憶効果が高まる
と言う実験結果です。

これは宅建の勉強にも言えることです。
テキストを使い、必死に知識を覚えようと思っても、それだけでは知識の定着は図れません。

新しいことを覚える内に他の事はどんどん忘れていきます。

それよりも一つ覚えたことをしっかりと復習していく方が、結果的に学習効果を高められるのです。

ですが、復習と言うのは、勉強していてつらいものです。

何度もテキストを見返すという単調な勉強になりますので、やっていて面白みが感じられません。

もしかしたら挫折してしまう可能性だってあります。

そうしたことを解消するために、問題集を使い復習するのです。

問題集を使っての復習だと、どの場面でどの知識を使うか理解できてくるので、

解答力をつけることができ、さらには失敗とその確認を繰り返すことで、より記憶に強く残ります。

その上、問題を解けたときの充実感も味わえ、モチベーションも高くなります。



……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  なぜ宅建に合格できないのか? 

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

平成24年度 宅建もう1年をきっていますよ!

宅建の本試験が先々週に終わって、

来年度も挑戦しようと思っている人も中にはいるでしょう。

挑戦しようと思っているあなた!
今の心境はどちらですか?

1 「まだ、1年もあるから、少し休もう」
2 「もう、1年をきったから、学習プランを立てよう」

1の方は、来年度も落ちる可能性が高いです。

なぜなら、
3ヶ月後、 まだ9ヶ月あるから大丈夫・・・
半年後、  後半年だから頑張ろう!
9ヶ月後、 あと3ヶ月では勉強時間が足りない・・・

といったパターンの方が非常に多いのが、私自身残念です。

自己マネジメント(自己管理)ができていないと、
同じことの繰り返しになります。

2の方は、勉強の仕方さえ分かれば合格する確率は高いでしょう!

来年度の宅建合格を目指している方は

合格することを目的として、

「今何すべきか?」

を、考えるべきではないでしょうか?



……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  おすすめ勉強法はこちら

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………




宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

平成23年度 合格ライン 合格点 ボーダーライン

平成23年度の宅建本試験が終わり、1週間たったので
もう自己採点は終えているのではないでしょうか?

ここで気になるのは合格点はどのくらいか?

実際、正式に何点か合格点、ボーダーラインなのか分かりません。

私自身、宅建の問題集を販売している関係上、

・どんな問題が出たのか?
・23年度の問題が例年と比べて難しかったのか?

という目線で本試験の問題を見てます。


私の見解としては

36点前後

じゃないかなぁ~と考えております。

比較的高めの点数だと考えた理由は
解いていてポイントなる点はそれほど難しくなかったからです!

しかし、問題文自体が複雑なものが多かったので、
試験中に戸惑った方は多いんじゃないかな~
って思っています。

皆さん、試験中戸惑いませんでしたか?

例えば、
問6です。(平成23年度:2011年度 問6-1)

一般的には難しい内容に思えます。

ただし、選択肢1を見ると

ポイントはこれだけです。

「差押えられた債権を受働債権として相殺することはできます。」
「差押えられた債権を自働債権として相殺することはできない

自働債権、受動債権とは何かは理解しておいてくださいね!

 ⇒ 解説はこちらから

その内容を、賃貸借契約を混ぜて、賃料債権に変えたりしているので
少し戸惑うかもしれませんね。

そういった意味で、私自身、この問題は『落としてはいけない』問題だと思っています。

少し営業トークになるんですが、
私が販売している『最重要問題集』ではこの点はしっかり押さえられています!


何がともあれ、本試験は終わってしまったので、過去のことは考えず
確実に落ちたと思う人は

これからどうするのか?

もう一回チャレンジするのか? あきらめるのか?

チャレンジするなら、

合格できなかった理由は何なのか?
どうすれば合格できるのか?
どのように勉強していくのか?

など、考えていった方が時間を有効に使えると思います!



……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  おすすめ勉強法はこちら

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………




宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

宅建問題集 HP割引 実施中!

平成25年度版の最重要問題集の販売を開始いたしました。

通常21,700円ですが、

本サイトとは別の販売ページからご購入頂いた方には15,300円とさせていただいております。

さらに今回はHP割引ということで、このサイトをご覧いただいている方のみ
12,000円(冊子郵送版:16000円)で販売させていただいております。

通常販売や販売ページからの販売では、売主である私と、購入者との間に、IT業者や販売代理会社が入ってくるため、高くなっております。

しかし、今回は売主と買主が直接販売しているため、中間マージンを省略しているので
この価格で提供できるということです。

もちろん、特典は21,700円の場合と同じです。


   >> 「冊子郵送版」をご希望の方はこちら

あぁ・・・また、お金がかかると思ったあなた!

ここで必要な投資をせず、来年も落ちてしまうのか、
ここで投資をして、合格率を高めるのか、
どちらを選ぶのが賢明かを考えてみてください!

  『行ってしまってそれで事が済むならば、
     早くやってしまった方がいいだろう。』
        シェークスピア

また、翌年の1年間も勉強しなければならないことを考えてみてください!

買っておけばよかったと後悔するでしょう。

後で買えばいいやっと思っている方も危険です!

今買えば、その分、効率的に勉強できる時間がそれだけ増えるんです!


『チャレンジして失敗することを恐れるよりも、
   何もしないことを恐れろ。』
     本田宗一郎(ホンダ自動車創業者)

本気で合格したい方は是非、一歩を踏み出してください!
その一歩が合格への第一歩です♪



   >> 「冊子郵送版」をご希望の方はこちら

あなたが次の試験で合格して、
是非、喜びの声を共有できればと思います♪

宅建合格ファシリテーター
   小野 一輝




宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

試験1週間前からの勉強の仕方

試験1ヶ月をきると、あぁ~もう追いこんでもダメだ―となる方が多くいます。

ただ、この試験1ヶ月が非常に重要な時期になってきます。

覚えているつもりになっているものを

きちっと覚える作業をしなければなりません。


試験1週間前となると、さらに何をしたらいいのか迷う方も多いと思います。

やるべきことは一つです。

今迄によく間違ってきた問題を再度、解きなおして
きっちり頭にいれること
です。

解けた問題など、あえて復習する必要はございません!

是非、問題集を開いて、チェックされている問題を
再確認してみてください。


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

☆ あなたとの約束 ☆

もし、あなたが宅建を受ける予定の方であれば、あなたにお約束します。

本サイトを含めた私のサービスを通じて、あなたに合格していただきます

試験に合格することは難しいことではありません。

ほとんどの方が難しく考えすぎなだけなのです。

物事をシンプルに考えてください。

試験に出る可能性の高い問題を覚えればいいんです。

試験に出る可能性の高い問題については、
最重要問題集がございますので、ご検討してみてください。


もし、あなたが

・自分一人だと勉強できない
・計画を立てても学習できない
・復習ができていない
・そもそも勉強が苦手

といったお悩みを持つ方は、
私が代表を務めています宅建合格パートナーLETOS(レトス)の提供する
宅建合格プログラムをご覧ください!

あなたを合格に導く自身があります!


疑問に感じていることや、質問、相談は何でも受けます。

メールいただければ、きちんとご回答しますのでお気軽にどうぞ。

info●takken1.info(●を@にかえてください)


宅建合格ファシリテーター 小野 


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

目標に対して計画を立てること


私は、宅建を受けようと考えて、まず、教材を買い、その後考えたことは
「問題集一冊をいつまでに解き終えるか?」を考えました。

自分の中では、合格までのステップは大きく分けて2つあって、

1.問題集一冊をいつまでに解き終えるか
2.覚えられていない点を覚えていく

私は問題集1科目2週間と決めた。つまり、問題集を1ヶ月で一回解き終える計算です。

実際、一回目を解き終えて2割ほどしか覚えていません。

それでいいんです。

二回目、三回目と重ねて9割程覚ええていけばいいんです。

しっかり覚えるためには何度か問題を繰り返し解かない覚えられません。

そのため、一回目に何ヶ月、二回目に何ヶ月・・・

という風に計画を立てないと、2ヶ月前になって時間がない・・・

ということになります。

なので、皆様もお持ちの問題集をいつまでに解き終えるか目標設定してください。

また、何回解けば覚えられるかも事前に考えたほうがいいでしょう。





宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

点を線に、線を面に・・・

はじめて、法律を勉強した時を思い出してみると、
日本語であるにも関わらず、言っていることが分からなかった。

法律用語は専門用語なので、私は、一つ一つネットで分からない言葉を調べていきました。

まずは、「制限行為能力者」から勉強していき、「意思表示」「代理」と言う風に一つ一つ勉強しました。

ここまでの勉強の仕方では、あくまでも「点」を覚える勉強です。

初めはそれでいいんです。

「代理」のところで、

「制限行為能力者が無権代理行為を行った場合は責任追及できない」という部分がでてきます。

これを「代理」の分野で覚えるのではなく、「制限行為能力者」と「代理」どちらの分野でもある

つまり、「制限行為能力者」と「代理」が「線」で結ばれるんです。

頭の中で線で結んでおけば、「代理」の設問で出題されても、「制限行為能力者」の設問で出題されても、

意外と覚えられているんです。

そして、「制限行為能力者が無権代理行為を行った場合は責任追及できない」は
「損害賠償請求」の分野でもつながります。
責任追及ができないということは無権代理を行った制限行為能力者に対して損害賠償請求は主張できない
ということです。

これで、「制限甲能力者」と「代理」と「損害賠償請求」がつながって「面」となるのです。

この作業は勉強する上で非常に重要です。

この作業をせずに、
「制限行為能力者が無権代理行為を行った場合は責任追及できない」
がテキストの「代理」の分野に記載されているから、「代理」でしか覚えていないと、
制限行為能力者の設問の一つで出題されたときに迷う可能性がでてくるのです。

実際のところ、このくらいのレベルであれば解答できると思いますが、
民法を進めていくと、複雑になっていき、頭の中でごちゃごちゃになってしまい、
結局、民法が不得意というレッテルを自分に貼ることになります。

これを防ぐために、物事はつなげて覚えていくことが重要です。

そうすることで、物事を多面的に見ることができるようになり、
勉強だけでなく、問題解決能力も高まっていきます。

実際にどのように勉強していくかというと、

勉強を進めていって、

あれ!? この内容、あの分野も含まれていないか?

と思ったら、その分野に戻り、テキストなり、問題集に書き込んだりしていくといいですよ!

そしたら、次見た時に、分野同士がつながっていることに気づくようになりますから!








宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

目的達成のための手段の選び方

昨日、勉強することは「手段」であって「目的」ではない!ことをご説明しました。

本日は、「目的」達成の為の「手段」である勉強について詳しくご説明していきます。


まず、簡単なを使って説明していきます。

今、あなたが東京にいます。名古屋にいくことを目的とした場合、どのような手段で名古屋に行きますか?


多くの方は新幹線を使っていくと答えるでしょう。

確かに、手段としては正解ですよね。

でも、車やヘリコプターや自転車や歩きなどいろいろな方法も考えられますよね。

その中で、「所要時間」と「費用」を考えれば、新幹線がベストだと判断できるのです。


それでは、「宅建合格」を目的とした場合、どのような勉強法が考えてみましょう。

まず、焦点として考えるべきことは、
いつまでに合格したいか?
という「期限」です。

3ヶ月で合格するのと、1年かけて合格するのでは勉強の仕方が変わってきます。


短期間で合格を目指す場合】

不必要なことは覚えない!

不必要なこととは、試験に出る可能性が低いものです。

試験に出る可能性がないものに時間を割いていたら、どれだけ時間があっても足りません。

試験に出ない部分が取引主任者として不必要な部分といっているのではありません。

あくまでも、試験に合格する上で不必要だといっているのです。


長期間かけて合格を目指す場合】

テキストをじっくり読んで、基本問題から行っていけばいいでしょう。


よく質問される方の多くが、短期間で合格したいにも関わらず、

試験に出ないような基本問題に時間を割いています。

基本問題をやることは悪くありませんが、覚えずに感覚をつかむぐらいで十分だと思います。

重要なのは試験に出る問題を覚えていくこと!

それに尽きます!

本日は、「目的達成につながった手段を選んでください」ということをお伝えしました。

もしよければ、自分にあった勉強法を調べてみて下さい。



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

勉強することは「手段」であって「目的」ではない!

勉強を始めるに当たって、私はある程度計画を立てました。
1ヶ月で覚えなくてもいいから、民法とはどういうものかを把握して、
次の1ヶ月で、しっかり民法を8割理解しよう。
そして毎日1時間勉強しよう!
そして、勉強を開始して一週間。
勉強しているものの実力がついているか分からず、
やる気ダウン・・・
1ヶ月間休暇・・・


そんなこんなしている時、あることに気づきました!!

いつも、勉強している自分に満足していて、
全く、勉強して得られるものがないということ・・・

単に、時間が過ぎているだけ・・・

これじゃぁ、勉強していても合格できないよなぁ って気付き始めました。

勉強することが目的となって、宅建に合格することが目的となっていない!
宅建に合格するために、勉強するのであって、
勉強することはあくまでも、宅建に受かるための手段にすぎない!

この点に気づかないと、全く勉強していても時間の無駄です。

宅建合格のために何を勉強すべきか?

勉強=合格のための手段
だけれども、何を勉強すれば合格できるか?
が問題となってきます。

この点で多くの方がつまずいています

試験に出る可能性の低い問題ばかり勉強しているため、
勉強はしているけれども、
過去問や予想模試を行うと20点台しかとれない・・・

このような悲惨な結末になってしまいます。

すると、さらにやる気が落ちていき、結局諦めてしまいます。

重要なのは、
試験に出る可能性の高い問題を勉強することです。

そうすれば、勉強すればした分だけ、実力がつきます

その試験に出る可能性の高い問題を集約した問題集がこちらです。

平成23年度の本試験で6割の問題で類題が出題された実績もあります
内容だけでも確認してみてください。

>>> 試験に出る可能性の高い問題を集約した問題集がこちら


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

▽ 合格体験からの学び

    1.  ▼ どのようにしてダラダラ習慣を変えたか・・・

    2.  ▼ 勉強することは「手段」であって「目的」ではない!

    3.  ▼ 目的達成のための手段の選び方

    4.  ▼ 点を線に、線を面に・・・

    5.  ▼ 目標に対して計画を立てること


……………………………………………………………………………………
          トップページはこちらから
……………………………………………………………………………………



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

教材を買うことは第一歩、勉強することが第二歩目!


よし、宅建に合格するぞ!

私はすぐに書店に向かい、宅建コーナーに向かいました・・・

法律の知識が全くない私は「分かりやすいテキスト」を探しました。

そして、「分かりやすいテキスト」を購入!

テキストだけだと何か物足りないので、「確認問題集」を選び、購入!

これで基礎知識は十分だろうとわくわくしながら帰宅。。。


その日はテキストをペラペラっと読んで、なんか意味分かんないな~と
思い、何も覚えることができず、終了。。。。。

【本日の一言】

合格までにはステップがあります。
合格までの階段を積むことが重要。

皆さんはどのように階段を積みますか?


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

▼ 自分にあった勉強法は?

人は十人十色でそれぞれ考え方も違えば、ライフスタイルも全く違います。

この勉強の仕方をすれば誰でも合格できる」というのはありますが、

「この勉強の仕方ができない」から、皆様困っているのではないでしょうか?

それなら、「自分に合った勉強の仕方」で合格できる方法を考えた方が合格には近づきます。

なんといっても、人は習慣を変えることを拒む動物だからです。

では、自分にあった勉強法とは何なのか?
どのような教材を使えばいいのか?
など詳しく説明いたします。

下図をご覧ください。

勉強法タイプ
⇒ Aタイプ

⇒ Bタイプ

⇒ Cタイプ

⇒ Dタイプ







Aタイプ

ゆっくり計画を立てて着実に合格へ近付いていく方です。

きっちり理解をしながら進めていくタイプなので、
テキストについては、分かりやすい言葉で解説されているものがよいでしょう。
また、合格するために必要な問題集などが穴なく網羅されているものがよいでしょう。

そんな方におすすめなのが、クレアールの通信講座です。

宅建受験界の"合格請負人"
宅建指導歴20年で多くの書籍の出版している
氷見敏明講師がクレアールの強みです。

初心者の方も多く合格しています。

教材を買うつもりがなくても、
宅建に合格するための必要な情報がたくさん載っているので、
資料だけでも取り寄せてみてください


無料なので、安心してください。

下記、画像をクリックしていただいて、資料請求してみてください。

宅建通信講座

宅建通信講座




Bタイプ

効率的かつ効果的に合格する方法を考え、
要領よく、効率的に勉強していく方です。

このような方は効率的な勉強さえ確立すれば、3ヶ月で十分合格レベルまで
持っていける方です。

私は実際、過去問10点台から残り3ヶ月で合格できましたが、
その勉強法宅建界の有名講師である氷見敏明講師と同じ勉強法です。
実際、私はこの勉強法を、合格前は知りませんでしたが、
合格後、自分の勉強の仕方と同じであることに気付きました。
実際、この方法で一発で合格できているんで、
氷見先生のおっしゃっていることは本質をついています。

計画を立てて実行できる方なので、
3ヶ月程で合格レベルまでもっていけるための
ノウハウが詰まった教材がさえあれば、十分です。

下記、画像をクリックしていただいて、資料請求してみてください。

      一発合格最重要問題集
平成23年度 『宅建』 最重要問題集





Cタイプ

分からない部分があると、すぐ諦めてしまい、
すぐ、ダラけてしまう方です。

そんな方は、独学で勉強していくのは向いていません。
通学という形を取って、学習する方がよいでしょう。

そんな方におすすめなのが、
クレアールの一発合格コースです。

宅建受験界の"合格請負人"
宅建指導歴20年で多くの書籍の出版している
氷見敏明講師がクレアールの強みです。

資料を見ていただければ、あなたの勉強方にピッタリだということが分かるはずです。
資料請求は無料ですし、合格するための重要な情報も載っていますので、
下記、画像をクリックしていただいて、資料請求してみてください。






Dタイプ

計画さえ立ててもらえて、それを実行できる環境さえあれば、
一気に勉強して、合格レベルまで持っていける方です。

そんな方にお勧めなのが、
クレアールの速習コースです。

宅建受験界の"合格請負人"
宅建指導歴20年で多くの書籍の出版している
氷見敏明講師がクレアールの強みです。

速習コースの内容は資料を見ていただければ、分かります。
計画表なども付いているので、短期間合格が十分目指せます。
資料請求は無料なので是非、見てください。

資格★合格クレアール

バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


宅建一発



……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

▼ 大手の専門学校、通信教育の落とし穴


宅建の試験は難しいな、独学で勉強しても受かりそうにないな

っとお考えの方は

大手の専門学校や通信教育、もしくは通信講座で勉強しよう

とお考えではありませんか?

実はここに非常に大きな落とし穴があるので、この点をお伝えいたします。


 大手専門学校、通信教育は高いだけ!

お客様の観点から考えるのではなく、売り手の立場になって考えてみれば

すぐ、このカラクリが理解できるでしょう。

大手であるということは、その分、人件費や広告費用、事務所の家賃、本などの印刷費用
など支出が非常に多い
です。

ということは、この支出以上にの収入を上げないといけないわけです。

お客様の数は限られています。

その結果、一人当たりのお客様から取る金額が高額でないと、ビジネスとしてやっていけないんです。

となると、高額にするのだから、それに見合った教材やサービスが必要になるわけです。

しかし、ここで、また一つ落とし穴に直面します。


それは、高額にして、教材2冊だったら、皆様どう思いますか?

高すぎと感じてしまうんです。。。

だから、教材の量を増やして販売するんです。

実際、テキスト4冊、過去問集、DVD、オリジナル問題集、など・・・

宅建に合格するために必要な知識はこんなに多くはありません

時間の無駄です。

私は実際、市販のテキストと過去問で合格しました。

なぜなら、勉強法が分かったからです。

使用したお金は大体、6000円ほどです。

私には知名度もブランドもございません

しかし、一発で合格した実績はありますし、

3ヶ月で合格するための勉強の仕方も知っています

知名度もブランド力もありませんが、皆様に合格していただく自信はございます

一度、私が開発した、短期間で、合格レベルまでもっていける問題集を検討してみてください。

本当に価値のある投資をしてください。

詳細はこちらから ⇒ 『一発合格の勉強法を取り入れた最重要問題集』


まだ、お悩みの方に、

最後に質問します!


こんなにたくさん教材を購入してすべて学習できますか?

皆様の目的はなんですか?

宅建に合格することではないですか?

そのために、こんなに多くの教材に5万円以上のお金を支払っているのは
本当に価値ある投資といえますか?

知名度やブランドに惑わされないでください!

合格実績などは大手なので、大いに決まっています。

でも、実際は、
購入した方の中で合格した人より、落ちている人もしくは試験を受けなかった人の方が
多いと思いますよ!

また、
たくさん教材があると逆に何からはじめればよいか分からなくなりますし、

基本問題から解いていたのでは、いつまでたっても合格ラインにたどり着けません。

そして、半年くらい経って、たくさん勉強したけど、過去問が解けず、自信を失うのがオチです。

今一度、合格するために何をすべきかじっくり考えてみてください。


詳細はこちらから ⇒ 『一発合格の勉強法を取り入れた最重要問題集』




……………………………………………………………………………………     
     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………

宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

▼独学で宅建に合格できない理由

あなたは宅建に何回落ちましたか?

1回ですか?それとも3回以上ですか?

不合格の回数は1回でも3回でも5回でも
原因はそれほど変わりません!

  • 計画を立てていなかった
  • 計画を立てたけど、実践できなかった
  • 過去問ばかり解いて、解説を覚えようとしていた
  • テキストの内容を丸暗記してた
  • モチベーションを維持できず、途中で断念した
  • 忙しくて勉強時間が作れなかった
  • 集中して勉強できていなかった
  • 問題文や法律を理解していなかった

挙げればキリがないですが、上記いずれか1つでも該当してしまうと、合格できなくなる可能性が高いです。

合格する人の特徴


合格する人は、上記について完璧ではないものの、ある程度できています。

『大まかにも計画を立てて、
ある程度問題文や法律を理解し、
忙しい中でも勉強時間を作り、
やる気がない時でも、ある程度集中して勉強を行う』

つまり、上記を一言でまとめると、「自己管理がしっかりできる人」です。

自己管理(セルフマネジメント)ができないと、
『勉強時間も作れないし、課題も見つけられないし、・・・・・』
不合格になってしまうわけです。

試験範囲の広い宅建試験では
計画を立てなければ、試験直前になって、「時間が足りない・・・・」
となるのは当然の結果です。

また、過去問の解説を覚えても、実際の試験の問題を理解できなければ
得点はできません!

宅建合格するためにまず何をすべきか?


  1. 毎日、勉強する習慣をつけること
  2. 法律をかみ砕きながら頭に入れていく

まずは、この2つです。
もちろん、この2つだけで合格できるわけではないです。
しかし、何事も一歩ずつ前進していく必要があります!
プロ野球選手もいきなりプロになれるわけではありません。
日ごろから走り込みをして、素振りを重ねてと、基本的なことから行って、プロという偉業を成し遂げるわけです。

まず、上記2つを行いましょう!

もし、自分独りでは難しそうと思ったのであれば、
上記2つが自動的に行うことができるメルマガを無料でお送りいたします!

毎日3問、過去問の解説を無料でお届けします!
ここに記載されている解説は、市販のテキストや予備校の解説よりも分かりやすいと好評をいただいており
平成28年1月現在、7000名の方に読んでいただいています。

宅建試験に合格するために役立つと思いますので是非ご活用ください!
↓↓
毎日3問の無料メルマガはこちらから


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

▼宅建からつながる仕事・職業・就職先

不動産業


不動産会社は宅建をもっている人を5人に1人の割合で雇っていなければなりません。
つまり、従業員が100人いる不動産業者ではそのうち20人が宅建取引士でなければならない
ということです。

また、宅地建物取引士にしかできない業務(独占業務があります。
この業務は弁護士でも司法書士でも行政書士でもできません。
それゆえ価値があるのです。

金融機関


銀行などの金融機関はお金を貸す仕事をしていますが、万が一お金が返ってこなかったら
まずいので、お金が返せなかったらその方が持っている不動産で返してくださいね!
という契約もします。このことを担保と言います。
この際に不動産の価格の査定などの知識が必要となります。
それゆえ、金融機関に宅地建物取引士は非常に価値が高い存在となります。

不動産証券化事業会社


不動産業者と金融機関が融合した業種です。
具体的には、投資家から資金を調達し、集めた資金で投資目的の不動産を購入。
賃料収入を投資家に分配するという業務を行う会社です。
ここに勤める方はほとんど宅地建物取引士です。
不動産業界のプロともいえます。

一般企業


コンビニやショッピングセンターなどは新規店舗開発部が存在します。
そこでは出店をする際に、どのような場所がよいか、その場所は買う方がよいか
借りた方がよいか
?など不動産に関わる業務が非常に多くなります。
それゆえ宅地建物取引士の価値は一段と大きいです。

このように宅建をもっている(宅地建物取引士)と非常に幅広い職業につくことができます。

独立開業


宅建の資格をもっていれば、自ら独立することができます。
独立すれば、今まで、自分が実際に取引によって得た利益がそのまま自分に返ってきます。
それゆえ、がんばればどれだけでも年収を増やすことは可能です。
実際、年収2000万円以上の方も多くいます

ステップアップして弁護士・司法書士・行政書士にも


宅建試験では民法を学びます。弁護士・司法書士・行政書士を取る場合も同じく民法が中心となります。
それゆえ、宅建試験に合格した後、ステップアップとして上記の資格取得を目指す方も多くいます。


⇒ トップページは こちらから


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

無料レポート

多くの皆様に一発で宅建に合格していただきたいと思い、勉強法の無料レポートを作成しました。
下記メルマガに登録していただい方、もしくは既に登録されている方にだけ
特別に無料レポートをお渡したいと思います。

きっとあなたのお力になれると思います。



メルマガ登録を終えた方は下記フォームにお名前とアドレスをご記入の上、送信していただければ
こちらから、無料レポートをお送りいたします。
本文はなくて構いません。


名   前   :   

メ ー ル   :   

件   名   :  

                      









宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

■相互リンク集


相互リンクをご希望の方は、貴サイトに

サイト名: 【独学で宅建に合格するための勉強の仕方】
URL : http://takkentranomaki.blog137.fc2.com/

サイト名: 癌を食事で予防、治療しよう!
URL :http://biyouconsultant.blog.fc2.com/

上記2つのサイトについてリンクを貼って頂いた後、
下記メールアドレスにメールをお送りください(^^)

アドレス: info@takken1.info
件  名: 相互リンク希望

サイトを確認させていただいて、ご返信したします。

                   宅建合格ファシリテーターより


【相互リンク集1】

遺言書・成年後見支援 東大阪サポートセンター
   ⇒遺言書・成年後見制度・相続のご相談なら、大阪市・東大阪市を中心に活動する行政書士中越和雄事務所へお任せください。
○ 復縁方法
   ⇒あなたがどうしても復縁したい前の恋人との復縁方法をお伝えします。
○ 行政書士高橋克則事務所  
○ 行政書士・社会保険労務士 内藤事務所(国立市)  
   ⇒会社設立、建設業、宅建業、産廃業、人材派遣業等営業の許可申請。
○ 佐藤社会保険労務士事務所 佐藤行政書士事務所  
   ⇒札幌の佐藤社会保険労務士・行政書士事務所です。
○ 田村行政書士事務所(大阪)  
   ⇒会社設立、介護事業、相続・遺言、帰化・入管などの手続きは、お気軽にご相談く
  ださい。
○ 行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス  
   ⇒無料法律相談の飯田橋総合法務オフィス○ 学ぶ・教える.COM  
○ 東京の格安ホームページ作成はITサポート練馬にお任せください。
○ 格安ホームページ制作
○ 毛穴の対策・治療は毛穴スッキリ!
○ ネットで小遣い稼ぎませんか~ネット収入月2万円のお小遣い
○ のぼたんサーチ

のぼたんサーチは、SEO対策向けカテゴリー検索サイトです。


○ ホームページ制作代行 Atelier you-yume
○ ミラー ウェルカムボードと名入れ 記念品の山りす
○ 山形のホームページ制作会社 プラスワンモード
○ 会社設立ならPROにお任せ!
     →初めての会社設立でも安心して当方にお任せください。
○ 札幌ホームページ制作 - 進風株式会社
○ http://www.at-sara.com/
○ http://www.travel-link.net
○ http://l9tl3v41.koushijima.com/
○ http://groupon-list.info/
○ http://www.link-door.net/
○ cocolog-nifty.com/blog/
○ http://www.udoncafe.com/
○ http://www.nishimura-k.com/
○ rainvillecedarctgs.com/
○ http://www.althlthins.com/
○ ダイエット方法 ネタ本
     →ダイエットの知識を深めて、健康で、綺麗な体を作ることを目的としたホームページ
○ エケコ人形
     →エケコ人形ボリビア産!1個1個手作りの本物の人形です!
○ 廃車買取の(株)旭商会
     →京都で廃車は廃車買取り専門店の(株)旭商会にお任せください。
○ マンション管理士 資格
     →マンション管理士がどのような仕事なのか、また資格取得するにはどうすれば良いかなど、
      マンション管理士についての様々な情報を掲載しています。
○ 就職に役立つ資格ガイド
     →就職に役立つ資格を紹介。安定した就職のための資格が見つかります。
○ 田舎暮らしと別荘ライフ
     →『田舎暮らしと別荘ライフを応援する総合情報サイト-古民家・ログハウス・リゾートの不動産物件を検索!』
○ SEO対策相互リンク集
○ 宅建ドリル
     →クイズ感覚でできる宅地建物取引主任者資格試験の過去問集
○ 行政書士中川哉事務所:許認可.net
○ 宅建業免許登録ナビ|京都滋賀奈良大阪兵庫|
○ 宅建試験!情報交換サイト
     →宅地建物取引主任者試験(宅建試験)の情報と受験生の交流の場を提供しています 
○ 宅建業免許申請代行千葉県WEB
     →宅建業免許申請(更新)の代行を千葉県柏市を中心に関東エリアで行っております。 
○ 立会川の賃貸マンションならサインアップ不動産
    →品川区の賃貸マンション・アパート・一戸建ての物件探しならサインアップ不動産にお任せください。
○ パパの出張簿記講座
    →無料テキスト&メルマガで日商簿記3・2級を独学で勉強中の皆さんをサポートします
○ 就職・転職に有利な資格試験案内所
    →資格試験に関する情報をご案内する資格試験情報サイトです
○ 資格取得のかわらばん
○ 女性の為の仕事・資格ガイド
○ 宅建スーパーWEBサイト<
○ はじめて学ぶ行政書士試験
○ 2なび!行政書士
○ 行政書士試験Q&A
○ はじめて学ぶ宅建入門サイト
○ 2なび!宅建
○ はじめて学ぶ社会保険労務士
○ 2なび!社会保険労務士
○ 社労士試験なんでもQ&A
○ アフィリエイト工場
○ 宅建試験一発合格への道
    →法律知識ゼロからスタートして 、 宅建試験一発合格へナビゲートするサイトです
○ 宅建試験 一発合格への戦略ノート
    →不動産の取引を学びたい方、会社に取得をせまられている方、国家資格を取りたい学生、
     主婦の方などのための、効率的な学習で宅建試験に一発で合格するための戦略、
     2006年度の体験記を紹介しています
○ 勉強法.com ~正しい勉強法と暗記のコツ~
    →最小の努力で最大の効果を出す勉強法を大公開。定期テストの勉強法、受験のための勉強法など、
     点を取りたい中高生にお勧めです。暗記のコツも大公開!
○ 勉強法ガイド
    →わずか3ヶ月で偏差値30から70までアップさせた効率良い勉強法をお教えしています。
     成績がイマイチ向上しないのであれば、是非参考にしてみて下さい。
○ ジャズピアノゼロからの独学
○ SEO対策相互リンク集
    →SEO対策にご利用下さい。ページはHTMLで作られています
○ 業種別相互リンク(教育・資格)
○ 脱毛サロン
○ 資格.com|資格の種類・難易度・試験内容を解説
    →資格.comでは本当に役立つ資格の種類、難易度、合格率の一覧を紹介しています。
○ 資格相互リンク
○ ビジネス実務法務検定に関する情報
    →「ビジネス実務法務検定とは、どういう資格で、取得すれば、どのようなメリットがあるのか」
      などを解説しているサイトです。
○ 司法試験に関する情報
    →:「司法試験とは、どういう試験なのか?」「どのように勉強すればいいのか?」
      「新司法試験と旧司法試験との違いは?」などを掲載しているサイトです。
○ 法科大学院(ロースクール)に関する情報
    →法科大学院(ロースクール)に関する情報を掲載しているサイトです。
     法科大学院(ロースクール)について、全く知らない人でも、
     法科大学院(ロースクール)に関する基礎知識がつくようになっています。
○ 司法書士に関する情報
    →司法書士が、どのような業務をしているのか、司法書士の資格を取得すれば、
     どういうメリットがあるのかなど、司法書士の資格の概要がわかるサイトです。
○ 行政書士に関する情報
    →行政書士に関する情報を掲載しています。「行政書士とは、どのような資格で、
     資格を取得するには、どういう手続きをして・・・」など、
     行政書士の概要がわかるサイトです。
○ 資格を目指すなら医療事務
    →資格を初めて目指す方向けに、試験の勉強法や講座を紹介しています。
○ 行政書士資格を独学で効率よく勉強する方法
    →行政書士資格勉強法、通信教育、スクール、仕事内容、
     ダブルライセンスについて2回目で合格したOLが解説します!
○ 独学勉強法.net
    →資格試験・国家試験に効率よく独学で合格する方法をこっそり説明
○ 今からでも大丈夫電気工事士試験
    →電気工事士試験合格をめざすあなたのためのサイトです
○ E-Diy Shop
○ 日商簿記3級の合格率~1発で合格するための4つの秘訣
○ News7おすすめ相互リンク
○ ガイドdeガイド
○ 検索エンジンプラネット
○ 資格の王道
    →日本で取得できる資格の概要をほとんど網羅しています。
     資格をとってライバルたちに差をつけよう。現在掲載資格総数617種類!
○ >みんなの民法学習 民法入門センター
    →民法講義CD&ハンドブック「聞く民法入門」の販売。初学者や宅建、行政書士等資格に
○ 保育士になるための保育士資格試験対策方法   
○ シャングリラダイエットと手のつぼダイエットで5キロは痩せたやり方
    →シャングリラダイエットと手のつぼダイエットをベースに、
     組み合わせで効果のあったダイエット方法を紹介しています。
○ 誰でもできる乾燥肌対策方法~乾燥肌の悩みを突き止めて体質改善させる方法~
    →乾燥肌のカサカサ肌って気になりますよね。
     私が毎日の簡単なケアーで乾燥肌を克服した方法を紹介しています。

英会話上達方法

英語・中国語の発音が正しく聞こえていない日本人が多くいます。英語・中国語の「音」が脳で補正されて聞こえる場合があるからです。修音英語・修音は英語・中国語発音の聞き取り上達ソフト。先ずは発音。



……………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒ トップページはこちらから
……………………………………………………………………………………







宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

▼ どうすれば合格できるのか?



   【非常識だけど合格できる勉強法】

   物事は「本質的に」考えてください。

   「本質的」とは宅建試験に出る可能性の高い問題」 を 「覚えられたら」 合格できる
   ということ。

   つまり、まず、勉強すべきことは

   「宅建試験に出る可能性の高い問題」です。

   ただ、宅建試験に出る可能性の高い問題は難しい問題が多いです。

   なので、言葉の定義や考え方を解説でよく理解することが重要です。
 
   試験に出る問題だからといって、基本問題を理解していなければならないかというと
   そうではありません


   その点を理解してください。
   事実、基本問題集を行った後、応用問題集や過去問を解こうとしても
   大した点数はとれない方がほとんどです。


   これを本サイトでは宅建に最短で合格するために必要な情報を簡潔にまとめてあります。

   テキストについてはできるだけ分かりやすく解説してあります。
   
そして、私が事実、短期間合格できた勉強法はこちらです。
      ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 

  今回私がお伝えする勉強法は満点をとるためのものではありません。
  42点前後をとるための勉強法です。
  そして、3問程勘違いなどのニアミスを踏まえて結果39点前後で合格することを計画しています。

  勉強法といっても、勉強の仕方を教えるものではなく、
  問題を解いていただくだけで、しっかり覚えられていく。
  また、10問解けば、試験で必要な知識の20項目ほどを覚えられるように作成されています。
  それゆえ、過去問を解くよりも効率的に過去問を攻略できるという内容になっています。
 
  だからこそ、勉強にあまり時間をかけられない方におすすめの勉強法です。


            時間がなくても合格できる勉強法
      ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 









宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

【本サイトの使い方 2】

本サイトは簡潔明瞭です。

宅建合格のために必要なことのみを記載してあります。

それゆえ、解説が少ないのではないかと思われる方もいるかと思いますが
それが、落とし穴の一つです。

「なぜ?」と考えることは非常に重要なことです。
しかしながら、覚えなければならない理由と覚えなくてよい理由(答えだけ覚える)
があるのも事実です。

細かいことにとらわれず、常に宅建合格のために必要な情報だけを習得していきましょう。

そうでなければ、どれだけ時間があっても足らなくなります。

重要なことは

「覚えるべきこと」を覚えること

このことから離れないでください。



…………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  なぜ宅建に合格できないのか? 

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
……………………………………………………………………………………



宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

【本サイトの使い方】

本サイトの目的は「最短で楽に宅建に合格すること」です。

それゆえ、重要事項を簡潔にまとめるために

■問
■解答
■補足説明
■覚えるべきこと
■単語

に分け、合格に必要最低限の情報を濃縮してあります。

本サイトの使い方としては

上から順に
問題を解いて
解答、補足説明
といくわけですが、

一番重要なことは

「覚えるべきこと」を覚えることです。

「覚えるべきこと」を覚えるために、問があり、補足説明があると思ってください。

きちっと覚えるべきことを覚えるようにしてください。

是非、短期集中で合格水準まで知識をもっていってください。



  …………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  なぜ宅建に合格できないのか? 

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
  …………………………………………………………………………………




宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
宅建独学勉強法

【勉強の仕方 1】

本日は勉強の仕方について皆様にお伝えできればと思います。

私の勉強の仕方というのは、
私が大学時代に、恩師から教えていただいた
「人生で成果を残すための原則」
を基に考えました。

おかげさまで
その結果、私は2010年の宅建試験で一発合格しました。

本日お伝えしたいことは以下の2点です。

1. 人生で成果を残すための原則とは
2. なぜ、何度受験しても合格できないか



1. 人生で成果を残すための原則とは

  まず、皆様と宅建受験の「目的」を共有したいと思います。
  「目的」は「宅建に合格すること」とします。
  つぎに考えるべきことは
  目的達成のために「何をすべきか」です。
 
  つまり、 「目的を定めて」⇒「目的達成のための手法・手段を考える」
  ということです。

  皆様、当たり前じゃないかと思う方も多いと思いますが、実はほとんどの方が
  「思っている」だけで「実行できていません」

  だから、成果を残せていないのです。

  具体的に実行できていないとは
  「目的達成のための手法・手段が目的と一致していない」
  ことがほとんどです。

  このことについては皆様に情報提供していく中で、体感していただければ理解できると思いますので
  宜しくお願いいたします。


2. なぜ、何度受験しても合格できないか

  「試験に出る可能性の高い問題」を「覚えられていない」からです。

  また、確認なのですが、目的は宅建に合格することです。
  もっと深く言えば、効率的かつ効果的に宅建に合格することです。
  
  そのためには、試験に出る可能性の低い問題は後回しにすべきです。
  それにも関わらず、
  皆様は試験に出る可能性の低い問題を基礎知識だからといって勉強するのです。

  基礎知識を知しらなければ、試験の問題が解けないかというと
  そうではないのが現実です。

  だから、まず勉強すべきことは
  「試験に出る可能性の高い問題」です。
  これを本サイトで提供できれば、皆様のお役に立てるのではないかと思っています。

  次に、「覚えられていない」について
  皆様、勉強したことを覚えていますか?
  ほとんどの方が、勉強した後に、何を覚えましたか?と尋ねても答えられないと思います。

  つまり、覚えられていないんです。頭に定着していないんです。
  さらに、今日勉強したことをいつ復習しますか?
  ある研究者の研究によると(忘却曲線)
  復習は「翌日」「1週間後」「1ヶ月後」   
  に行うと効率的に頭に定着します。
  ほとんどの方が、1ヶ月以上後に復習するのではないでしょうか?

  
  これから皆様に宅建合格に必要な情報を提供していきたいと思いますので
  よろしければ、是非、お立ち寄りください。



  …………………………………………………………………………………
     ⇒ ⇒ ⇒  なぜ宅建に合格できないのか? 

     ⇒ ⇒ ⇒  【トップページ】 はこちらから
  …………………………………………………………………………………
  


宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
 | HOME |