宅建独学勉強法

独学宅建に受かる方法!

このサイトは、あなたが独学で宅建に合格するために、無料テキスト無料問題を掲載しています。
対象は「初学者・これから宅建を学ぶ人・基本的なことが頭に入っていない人」です。
ある程度、勉強してきて、基本的なことも頭に入っているという方には物足りないので、そういった方はステップアップとしてレトスのホームページで学習を進めていきましょう!

1.独学のための教材選び


私は平成21年の宅建試験で一発合格して、今は、宅建の通信講座レトスの講師として指導しています。
宅建自体、合格率は毎年15%~17%台ですが、独学で合格することが十分可能な資格です。
実際、弊社は3年連続で合格率70%超の実績を出しています。
そのノウハウも含めてお伝えしていきます!

まず、初めに気になるのが「参考書選び」と「問題集(過去問集)選び」ではないでしょうか?

>>独学で合格するための参考書の選び方

>>独学で合格するための過去問集の選び方

次に、考えるべきことは、「計画を立てる」ことです!

2.独学合格するための計画の立て方


計画なんて立てなくても、勉強すればいいんでしょ!と思っているかもしれませんが、実際、計画を立てずに勉強すると、ほとんどの場合で、試験に間に合わないという悲惨な目に遭います。勉強を始める日と試験日までの期間から逆算して、1日あたりどれくらいの勉強をしなければいけないのかを考える必要があります!

その前に、計画を立てる重要性について、共有させていただきます。これを理解していないと、結局、計画を立てなかったり、計画を立ててもそれに沿って勉強しなかったりということになります。

>>独学の場合、なぜ計画がそれほどまでに重要なのか?

>>独学合格するための計画の立て方

計画を立てたら次は実際に勉強を始めていきます!

3.独学合格するための勉強の仕方


ここからが本番ですね!正直、参考書選びや過去問集選びで差がつくことはあまりないです。
差がつくのは勉強の仕方です!中卒だろうが大卒だろうが関係ありません。
実際弊社の受講生で中卒の方で一発合格した方もいますし、逆に、大卒だけど独学で合格できない方もいます。
この差は「勉強法」の違いです。
私がお伝えする勉強は、「〇〇式勉強法」や「超速勉強法」と言われるような「テクニック」的なものではありません。
勉強法の王道ともいわれている勉強法です。
だからこそ、誰でも実践できる勉強法ともいえるわけです!

>>独学合格するための勉強法

独学で宅建に落ちる原因と対策


これまで宅建の受験生を指導してきた中で、独学で宅建に落ちる人ならではの特徴があります!
その特徴をお伝えするので、あなた自身、それに当てはまっていないか?自問自答してみてください!
1.やる気が出なくて勉強が続かない
2.計画を立てない・立てても計画表を使っていない
3.復習をしていない
4.丸暗記をするだけで理解していない
ざっと挙げただけでも4つあります。一つでも当てはまったら独学で合格するのは難しいので、これらを一つできるように変えていきましょう!

>>独学で宅建に落ちる原因と対策

ここまでが、ざっと独学で合格するための勉強法についてお伝えしてきました!
ここからは、宅建に関する情報になります!時間を見つけながら確認しておきましょう!

各科目の試験対策


独学で宅建に合格するためには、しっかりと対策を練って勉強を進める必要があります。単に勉強すれば合格できるといった簡単なものではありません。しっかり各科目について勉強する上でのポイントを押さえながら勉強を進めていく必要があります。各科目についてそれぞれ対策方法をまとめましたのでこちらを参考にしてください。

>>権利関係対策

>>宅建業法対策

>>法令上の制限対策

>>税その他対策

宅建とは?


独学で宅建合格! おすすめ勉強法


独学用の宅建無料テキスト


独学用の宅建問題集


⇒ 平成28年度宅建試験解説
⇒ 平成27年度宅建試験解説
⇒ 平成26年度宅建試験解説
⇒ 平成25年度宅建試験解説
⇒ 平成24年度宅建試験解説
⇒ 平成23年度宅建試験解説

宅建著者情報


宅建は就職に非常に強い武器

宅建の出題範囲を見てみましょう。

  民法 : 14問
  法令上の制限 : 8問
  宅建業法 : 20問
  税金、土地・建物・その他の知識 : 8問

上記科目を見ると不動産の知識だけでなく、その他の法律知識が付随してくることが分かります。
それゆえ、宅地建物取引士(旧取引主任者)であるということは、不動産の知識だけでなく、民法の基礎知識もあることが客観的に判断できます。

そのような理由から、宅建士はお金を貸した担保として不動産に抵当権を設定してもらう金融業界や建物に損害が生じた際に保険金を支払う保険会社からのスカウトも多いです。また、小売流通業でも新規出店などで、土地を賃借したり購入したりすることもあります。その際、不動産と民法の知識がある者が企業にいれば、不動産業者の言いなりになることもなく、公平な立場で交渉ができるので、宅建士は重宝されています。

近年の宅地建物取引士試験の受験者数は約20万人、合格率は15~20%。難易度としては難しい資格には入らないが、きちんと勉強しないと宅建には合格できません。是非、本サイトを利用して効率的かつ効果的に独学で学習していただき、宅建に一発合格していただければ非常にうれしいです。
宅建(宅地建物取引士)独学で合格するためには勉強法を身につけることが一番の近道。
これを知れば、3ヶ月でも合格できます。この勉強法の一部を上記「毎日3問」でお伝えしています!無料なので、是非参考にしてみてください!
合格のための勉強の仕方
 | HOME | Next »